6

野毛「パリ一」(パリイチ)でカツ煮

季刊誌『横濱』55“横濱を知る100のキーワード”が欲しくて職場に車を置いたまま桜木町駅まで電車移動。
最近は本屋さんが激減してしまい車を停めやすい所に本屋さんが無くてさ、雑誌を買うのにも電車を使うんだよな。。。
なんか不便な世の中になったとつくづく思うよ。

何時もなら店頭の目立つ所に置いてある『横濱』が見当たらず、店員さんに聞いたら慌ててバックヤードから持ってきてくれました。
けっこう売れてるみたいね。(笑

雪が降るかも?なんて予報もでていた寒ぅ〜い夕方、本を手にしてそのまま帰るにはエネルギーが足りません。
しかたがない、渋々ながら野毛に入って熱燗を一杯やって帰宅することにいたしましょう。
あっ!いま誰か「嘘つけ!嬉々としてだろ?」って言ったでしょ!



P1200013.jpg





P1200009.jpg

パリ一の前を通ったらカウンターに空きがあったので入店。
スミイカの刺身と熱燗で冷えた体を温めました。スミイカは食感も良くマッタリ旨かったよ。

さほど長居をする気もなし、梯子を上る気分でもないので大好きなカツ煮で〆ることにします。

20170122153128935.jpg

パリ一さんでは”カツとじ”って呼んでいたかな?
揚げたてのカツをしっかり煮るタイプ。衣のパリッと感はないけれど、香ばしさを閉じ込めた逸品だね。
これを肴に焼酎水割りを楽しいんで。。。


2017012215312775e.jpg

ご飯軽めと糠漬けでほんとうに〆。残った煮汁までご飯に掛けちゃったぜ。(笑
一店完結の心地よさを満喫いたしまして早々と電車に乗って帰宅しました。

俺、やれば出来るんだよな。。。。。。



スポンサーサイト
2017-01-22 : 野毛 桜木町界隈 誘惑の梯子酒 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

野毛の「パリ一」(パリイチ)でチキンカツ

”みなとみらい”辺りで夜景を楽しんだ後は野毛に行って冷えた身体を温めましょう。
って事でお目当てのお店に向かいます。





この日は頭の中ではチキンカツがグルグルとまわっていたのよね。

さて、行きなれた「パリ一」へと足が向きますが、「パリ一」はチキンカツがメニューに乗って無かったよなぁ と歩きながら少し不安になったりします。

入店しまして、ご店主にチキンカツやってましたっけ?と聴きますと。。。
うん?と一瞬考えて、乗せてないけど今日は出来るよ♪と気持ちよく答えて頂きました。
ワガママ申しておりますが、どうかよろしくお願いします。m(_ _)m



PC080082.jpg

来た!来た! 頭の中で羽が生えてグルグル飛まわっていたチキンカツ。(笑
これに醤油と芥子をかけて頂くのが好きなんだ~ 焼酎と相性良しです。


PC080084.jpg


過去、「断面大賞」エントリー作品にチキンカツは上がっていなかったよなぁ?
って思い出して一枚撮影、地味だけれど抜群な火の通り具合が撮れたと自画自賛。
こんな事言ってると「事務局」からのツッコミが恐いかも?(笑

焼酎水割りで美味しくいただきました。



PC080065.jpg



2016-12-12 : 野毛 桜木町界隈 誘惑の梯子酒 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

野毛「もみじ」の大銅鑼焼

呑んべいは意外と甘党である。





野毛の「もみじ」さんの大銅鑼焼を本年度の断面大賞甘味部門に参加させて頂こうと思います。


PB080002_201612032120316bb.jpg


なんと言っても今年は”甘味部門”の大御所に少し力が入っていないので狙い目かな?なんて思うのですが。。。(笑


PB080003_201612032120396cf.jpg


銅鑼焼って餡子も大事なんだが、やっぱり皮が決め手だと思うんだよな。
遅くまで店を開けていてくれるから、若い方には酒の肴に立ち食いでもしてもらいたいと思うのですよ。

えっ?私はどうしてるって?   
あはは。。。。。年取ると胸焼けするんでお土産にして翌日の楽しみですよ。(。-_-。)

呑んだ後の甘味は若い頃の特権だから、今のうちに た〜んと召し上がれと言いたいと思います。
あっ!大福を肴に一杯なんてのもたまにはいいもんだよな。(笑

2016-12-03 : 野毛 桜木町界隈 誘惑の梯子酒 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :

野毛で最近食べたもの。

最近の夜散歩の定番は、みなとみらい辺りで夜景撮影してから中華街か野毛で独り酒&軽く食事ってパターンでしたが、不思議と野毛に行くと写真を撮る気持ちが萎えるんだよね。





なんで?と考えていたのだが、どうも野毛の変貌に私の気持ちが着いていけないのかもしれない。
最近の野毛は大きく変わり、酔っ払ったオヤジのうらぶれた後ろ姿は消え、店先にホッピーやビールの空ケースに座り楽しそうに談笑する若い方々を頻繁に見掛ける街になりました。

昭和下町の風情の残る野毛は今時の若い方には新鮮に映り、また街の有志が尽力して実現した大道芸などの催しも野毛を文化的な街に押し上げたのだろうと思います。
活況な事は非常に良いことだと思う反面、真正オヤ爺体質の私は焼き鳥を頬張るのに鮨詰め状態なのは少し辛い。(笑
したがって最近は行き慣れた数件の店を周り、カウンターが空いていると入店するなんて事になってきました。

ちょいと最近知り合いに聴きましたのは、この状態を”野毛バブル”と比喩する人もいて、”オヤジの聖地”を他に求めんと南区等の周辺に移動を開始した人々がいると言うことです。
フロンティア精神かぁ。。。なんだか憧れるね♪(笑


PB130095.jpg


次は南区辺りを散歩してみようかと思う。

最近野毛で食べたもの。
「てづか」で子持ち鮎の甘露煮。
「パリ一」で牡蛎フライ、海老さつま揚げ。
「パリ一」の牡蛎フライは今季三回目なり。(笑
2016-11-21 : 野毛 桜木町界隈 誘惑の梯子酒 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

野毛「パリ一」(パリイチ)で牡蠣フライ

消してしまった3000枚の写真。。。。大半は愚作ではありましたが幾枚は記録として大事なものもありました。
なんかぁ〜ねぇ〜少し凹むわぁ〜(笑

気を取り直して定番の夜散歩コースで夜景でも撮ろうと仕事帰りにお出かけしてきました。
もちろんお手軽な手持ち夜景ですよ。





写真てものは出来上がりが全てですから、手持ちでこれだけ頑張りました!って言っても三脚を据えた渾身の一枚には絶対に敵わないのですが。。。。ここは”手持ち”だよ〜 と言い訳しようって魂胆が丸見えですわな。(苦笑

定番のポイントをサクサクって撮影し、さっさと野毛に移動して「パリ一」で一杯呑んで来ました。


PB070090.jpg


カキフライで麦焼酎の水割りです。「パリ一」さんは元々トンカツ屋さんですからね、美味しいのは当たり前田のクラッカーなわけでして、言うことありませんな。

実は今季「パリ一」で牡蠣フライを食べるのは二度目でございます。
先日 一人でぶらりと入店しましたら偶然にも先輩の小◯師匠と女将にばったりお会いし、その節にカキフライをお裾分けして頂いておりました。

美味かったので今回は独り占めって寸法です。
「まだちょっと小さいぞ〜」なんて仰っていましたが旨し旨しでありました。


PB070052.jpg


梯子は上らずお家に帰りましたとさ。(笑
2016-11-08 : 野毛 桜木町界隈 誘惑の梯子酒 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター