6

上大岡「燦々横丁」に行ってきたよ。

ラッコが上大岡に呑みに行きませう。と言うので、ハイハイと二つ返事で飛んでいく。
なんたって家計費から飲み代が出るんだから文句どころか大喜びであります。

上大岡「燦々横丁」に行ってきたよ。


                   


野毛の「たべもの横丁」
の上大岡版って感じ、一昔前の屋台村の進化系なのですかね?
ひとつの建物の中に間仕切りを取り払った複数の店舗が人工的な横丁を形成しています。

平日の早い時間の入店なので空いていました、
野毛みたいに混んでいたら爺的には少し居辛いからラッキーだったかな。


     IMG_5772.jpg   IMG_5785.jpg


お試し気分で焼鳥を楽しんだ後にお目当の立ち食い寿司に行きました。
ラッコは御決まりの貝盛りとボタンエビを肴に日本酒をグビグビ。。。。。
私は横から少しだけお裾分けいただき日本酒をチビチビ。。。。。笑

〆に握ってもらいさらっと帰宅いたしました。


                    IMG_5786.jpg


近くにこうした店が出来てくれると野毛まで行かないで済むから助かりますわ。


                    IMG_5789_2017052605535907a.jpg


最近は地元でさらりと呑むのも大事にしたいなぁ とチョイと思ったりしています。
明日あたりは久しぶりに杉田方面でも行ってみるか?






メイン機が入院中なのでキヤノンの初代ミラーレスを出してちょこちょこ使っています。
このカメラは発売当初から不評で直ぐにM2って二代目が発売され、巷で叩き売られた可哀想な奴なんです。
私はバナナと一緒に叩かれていたを見て不憫でならず、EF-M22mm F2 レンズ代金?と思える30000円で我が家に引き取ってきました。(笑


IMG_5446.jpg


相変わらずピントが合うまでに寝てしまいそうなくらい鈍臭い奴なんですが。ボケるからいいかぁ〜みたいな感じ。


IMG_5434_20170526060454db9.jpg


このくらいのセンサーサイズが私は使いやすいなと最近思うのよね。
家庭内リボも完済したし。。。。次はどうしようかな?(苦笑
スポンサーサイト
2017-05-26 : よく行く上大岡と弘明寺界隈 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

屏風浦 炭火「酔軒」でカルビとホルモン諸々

胃カメラのダメージと風邪がコラボしちゃって不調な日々を過ごしております。

そんな時は脂ギッシュなものでも食べて、照ら照ら艶艶な爺になり風邪を追い出そうとラッコを誘って京急屏風浦の駅で黄昏時の待ち合わせです。


P1250001.jpg    P1250004.jpg


上大岡と杉田に挟まれた屏風浦は名前からも想像できるように風光明媚な土地だったと思われるのですが、今では残念ながら埋め立てにより海を望むことは叶いません。現在は古い住宅地を懐に抱いた静かなたたずまいを残してくれる各駅停車駅です。


P1250003.jpg


駅前の小さなロータリを通り過ぎ、バス通りを磯子方面に歩くと何軒かの飲食店がありその中の一軒「酔軒」さんが今夜の目的地であります。
「カウンター席一人焼肉OK。」だと地元情報紙で紹介していたんで気になっていたのよ。

ドアを開けると気持ちの良い声がかかり若い御店主の誘導でカウンター席に座ります。
一階はカウンター席、二階には座敷席があるようですね。
メニューをサラリと見渡すと、拘りの肉&ホルモンを気軽なお値段で食べさせよう、なんてコンセプトかな?なんて印象を受けました。






中落ちカルビ、上カルビ、しまちゅう? あと。。。忘れた。(笑 を注文してボチボチと育てます。
私はホルモン系は脂を落としながらじっくり焼くのが好みなのです。

二、三杯呑んで〆のために中落ちカルビを追加、ご飯と一緒にバクバクと口一杯かき込むと、脂とタレを白御飯が包み込み幸せの香が鼻からフゥーと漏れ出します。
いやはや美味いですね~(笑

焼肉やホルモンに詳しく無いのですが、美味しいって事は理解できますよ~
上質な脂がジュワジュワ、満足なお味です。
御店主の人柄も良く、ここなら近所だし一人晩飯にまた寄せて頂こう。(^^)/


P1250007.jpg


お腹が一杯の爺とラッコの凸凹コンビはヨタヨタと家をめざしましたそうな。
ご近所って良いもんだよね。めでたしめでたし。

2017-01-31 : よく行く上大岡と弘明寺界隈 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

上大岡のリンガーハットで長崎チャンポン

遅い昼飯、長崎チャンポンが食べたくなり上大岡京急改札前のフードコート内の「リンガーハット」へ行きました。
フードコートは"入店”って言ってよいのかしらね?(笑

老若男女様々な方で賑わっていますね。
あるものはサンドイッチ摘み、オニギリを頬張り、饂飩に蕎麦を啜っています。
各々自由に好きなものを気軽に食べられるのが良いところ、昔のデパート”お好み食堂”を思い出してしまった。(笑

お客は目当ての店で注文をし会計を済ませるとポケットベル?を渡される、テーブルに座って待っていれば此奴が鳴って注文の品が出来上がったのをピポピポと鳴って知らせてくれるって仕組みなんだな。後は受渡口まで自分で取りに行くだけ。
良くできてるよな~と感心する反面、どうも私は落ち着かないんだね。

だって、彼方此方で鳴るピポピオ音が全部自分のポケベルが鳴っているように聞こえ、そのたびにキョロキョロしちゃうのよね。(笑


IMG_0002_20170107220525ac0.jpg


かなり落ち着かなかったんだろうな。。。。
レンゲくらい退けろよ!みたいな写真に気が付きもしないんだから。(苦笑



P1060172.jpg


前回の鳥つながり、山下公園でもはたしかカモメへの餌やりは禁止だったけれど。。。
やっぱりカメラを向けてしまうよね。(笑
ここでも顔を写さないって事が難しい。。。。。わ。


IMG_4905_20170107220133a3e.jpg

なるべく人は小さく写そうと思う。 

2017-01-07 : よく行く上大岡と弘明寺界隈 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

今年の上大岡鰻情報は現状では控えめにしておきたい。

この数年 上大岡の持ち帰り鰻情報をお届けしてきていますが、今年は少々残念であり店名は伏せておきます。
と、言いましてもお値段は1000円と1200円と今年も大奮闘なんですよ。
ただ。。。。





1000円のお品なのですが蒸し不足なのか固いし脂が。。。
今時鰻が1000円で買えること自体が希有なんだから文句は言えないなと思いながらオススメは出来ないと判断した次第です。

温め方や調理方法の工夫で美味しく食べられる様に消費者の努力も求められる気がします。
そこを少し頑張って次回は大手を振って載せたいな。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

何か名案はないものか?

2016-06-07 : よく行く上大岡と弘明寺界隈 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

上大岡のブーランジェリー オンニさん DE 甘いパン

朝から高カロリー食を摂取してしまいまった休日。
その後の植物園での撮影はお腹の出っ張りが邪魔だった。。。
さて、撮影を終えての帰り道なのですが、困ったことに全くお腹が空きません。(笑

予定ではどこかでランチを食べて帰るつもりだったのになぁ。

なにか買って昼寝の後にでも家で食べようかと思案していると、フッと浮かんだのが先日初めて購入したブーランジェリー オンニさんのパンです。
そうそう!オンニさんは様々なパンが売っていたからきっと甘いパンもあるよね。




なんで?甘いパンにこだわってたかって?

じつは甘沼の主さんから暫くお休みするので甘沼の掃除しておいてくださいねって頼まれちゃったんだもん。(笑
オヤツ代わりの甘パンでせっせとお掃除するのも良いかもって感じです。

IMG_4622.jpg


お店のそばに車を停めてお店の中に入って驚いたわ!
狭い店内は入るのを躊躇してしまうほど女子でイッパイなのよ、もっとも”女子”は幅が広いけれど。。。笑
流石の人気店ですね。遅くなると売り切れ必至って至極納得。





onniさんのカスタードナッツはパンがしっかりしていますね。
そんな生地があってこその濃厚なカスタードクリームが生きてくるんだなぁと納得の美味しさです。


IMG_4626.jpg


今日の満足度 星★★★☆☆ 星3つ

できればイートインでいただきたかったけれど混んでいてイソノは席に座る勇気なし。
そもそも、いその屋のコーヒーがイマイチでした。

コーヒーが美味しかったら 星★★★★☆ 星4つでしたのに。。。

イソノはちょっとだけ甘いパンが好きです。


 
*************************************************************************


 ブーランジェリー オンニ
神奈川県横浜市港南区上大岡西 3ー10ー1

因みにフランスボワーズは食べきれなくて夜にたべました。




IMG_4602-2.jpg


IMG_4571.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

大船植物園での写真を少し載せておきます。

2016-04-21 : よく行く上大岡と弘明寺界隈 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター