6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

久しぶりに「浅見本店」で角打ち

中村町で生まれた私には、子供の頃に近所の酒屋の前で大人たちが酒を呑んでいる姿が強烈な記憶として残っています。

それは横浜橋商店街を過ぎ、三吉橋を渡った辺りだっただろうか?  酒屋の店頭に酒のケースやらに腰掛けた多くの人たちが火をくべたドラム缶(いや、一斗缶だったかもしれないが。。幼い私には大きなドラム缶にみえた。)の周囲に腰掛け宴を繰り広げていた姿です。

私にはメラメラと燃える炎に照らされる赤鬼たちが狂乱を繰り広げているように感じられ、それは恐ろしい景色でありました。
私の手を引いて歩いていた母は「あんな大人になちゃっちゃだめよ。」と優しく説いてくれたのを今でも憶えています。
多分。。。似たことを以前にも書いている気がするけれど。。。まぁよいか。(笑

あれから長い月日が経ち、私の記憶もその後の経験などから色付けされてきました。

先ずは、赤鬼たちは近所の商店街から買い集めた肴を美味そうに食べていた、肉屋からは店頭で焼いていた焼鳥、八百屋から大根やキャベツを買い丸かじりする強者。まだ肉屋の店頭ではドラム缶でチャシューを焼いていたはずだから、チャシューで一杯なんて洒落た赤鬼もいたかもしれない。微かな記憶をもとにした自己弁護の世界ではずいぶんと彩溢れる景色にすり替えてしまったようである。

そもそも酒屋の店頭で呑む事を「角打ち」と言うと知ったのは10年も前くらいだったと思う。
諸説あるようですが、酒屋の店頭で升で量り売りしてもらい、呑むところから「角打ち」と称させる様になった、てのが個人的にはスッキリするのだが、酒屋の角で呑んでいたからなんてのも有って良いんぢゃないかとも思ったりするんだよね。

そこで、最近流行の「立ち飲み」と似て非なるお作法は多々ある様に思えるのですが、本日は個人的共通のお作法を幾つか挙げてみたいとおもいます。

さらっと入ってサクッと呑んで、長居せず、酒に流されず、隣人とは良き距離を保て。独り若しくは二人を楽しべし。

これ個人的な私のこだわり。(苦笑




久しぶりに「浅見本店」さんで一杯呑んだわ。
なんとも。。。。。。落ち着く。 多干渉ではない、無関心でもない、良い距離感を当たり前に残してくれています。
そうそう。。。。こんな感じが独り呑みの楽しさ。

母上。

ご心配なされていた”あんな大人”になってしまった事は重々ご承知の上で苦笑いしながら、お赦し下されていることと思っております。
店頭で火を焚く思い切りの良さもなく、呑みすぎて青鬼になるのが精一杯の業なのでご安心くださいませ。
貴方の息子は分別ある大人に育ちましたよ。


は~ぁ? なんと、情けない奴と申されますか??!   なんと!赤鬼の方が好きですか?
。。。そうなんだ。( ̄。 ̄;)

スポンサーサイト
2016-12-05 : 横浜橋 伊勢佐木町付近 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

私的原風景

名称未設定 1
名称未設定 1_edited-2
子供の頃に指を咥えて見ていたのを憶えているんだから、相当ウマそうに感じたんだろうなぁ
近くに市電の乗場が在ってそこから眺めていたんだよ。

初めて入ったのは大人になってからだった。   何を食べたか憶えていない。
たぶん。。。。炒飯だったんだろうな。(笑


PB050026.jpg


サンマー麺。


PB050024.jpg


やっぱり此処では麺類を頼んだらプラス200円で頼める半チャーハンをお願いしないと。。。

もちろん、ビールのアテも頼んでありますよ。

PB050022.jpg


揚げワンタン。  大好き!(笑


PB050015.jpg


ハチノスはブツブツの厚切りだし。。。


PB050018.jpg


餃子には味噌まで付いてくる。


PB050019.jpg


もちろん。。。。。冬の味覚も外せません。  プリプリじゅわぁ〜(笑

2015-11-07 : 横浜橋 伊勢佐木町付近 : コメント : 22 : トラックバック : 0 :

三吉橋「小嶋屋」の更科はピッカピカ!

久しぶりに三吉橋の「小嶋屋」さんに寄道。

チョイと呑んだ後の〆のつもりで入店したら、なんとなく終い支度の途中って感じです。
あれ?何時まででしたっけ?って聞いたら。なんと8時だそうで時計を見たら、ありゃ!あと五分しかないわ!

大丈夫ですよ〜 なんて優しく言ってもらちゃったので遠慮なく座らせていただきました。
そして無遠慮にも厨房に顔を突っ込んで店主にご挨拶ね。(笑
ご店主とは若い頃から少し顔見知りなのよ。。。。

久しぶり〜 なんて挨拶してサッサと注文ね。
冷酒と牡蠣の味噌焼きを食べながら蕎麦を待つ事にいたします。





大ぶりな牡蠣はプリプリね。 前でラッコが腹を叩きまくっている。。。。。


IMG_4437.jpg


ニシン食べる? なんて優しいお言葉に逆らうわけはありませんね。(笑
暫しの昔話に花が咲きました、短い時間だけれど楽しいひと時です。


IMG_4441.jpg


さてピッカピカ!の更科が登場。ほんとうに何時もキッチリしてるルックスに惚れ惚れしちゃうわ。
蕎麦の隅から隅まで乱れなし。ご店主の性格そのまんま。。。。。
写真が上手く撮れなく、ほんとうの姿が皆様にお伝え出来ないのが残念でたまりません。
いやぁ〜 うまかった。
  
蕎麦の美味しさを教えてくれた事、ご店主に感謝してます。
こんど久しぶりに呑もうか?なんて約束してお店をあとにいたしました。

佳い晩でありました。


2015-11-01 : 横浜橋 伊勢佐木町付近 : コメント : 20 : トラックバック : 0 :

曙町の上海酒家「岳」で驚いた。

久しぶりに後輩の和太郎と会食。

待ち合わせ地点からタクシーに乗ったら。。。
「曙町までお願いします~」って運転手さんに言ってるし!
「あれ?野毛ぢゃないの?」と聞くと、「良いから、良いから、」と有無も言わせちゃくれない。

数分後、上海酒家「岳」の看板を見上げる私。

あれ?どこかで聞いた屋号だなぁ。。なんて考えているうちに入店。
既に和太郎の奴は店のお母さんと仲良しになってるしボトルキープまでしていたわ。(笑







さて、何を頂こうかとメニューを覗いていたら「良いから、良いから、」とオーダーされた蒸し鶏。
人の顔を見ながらニヤニヤしてるんで気持ち悪い奴だぁと思いながら一口いただいてみると。。
あれ? 美味いぢゃん。。。いやいや そうとう美味いよ!

人の顔を見ながら「でしょ~。」と、やけに満足そうな私太郎の顔が少し憎たらしい。(笑


P9270014.jpg


これは私のリクエスト。 帆立と黄ニラの炒めものね。
これも洗練された塩味が嬉しい逸品です。 この味はラッコの好みど真ん中だな。。。
なんて想いながら、次回連れて来るかはよく考えて結論を出す事にします。(笑



P9270017.jpg



和太郎のオススメ上海風の角煮だったかな?
なんでも漬物みたいな葉っぱが入っているそうで、ホンワリとした酸味とお茶っ葉みたいな香が面白いわ。


和太郎は海老ソバがお気に入りだそうですが、残念ながらスープが売り切れたそうで、焼きそソバをお願いしました。



P9270019.jpg


これも。。。。美味しく出来てるわ~ 何を食べても外れない安定感も感じちゃう。
これは良い処を教えてもらいました。 また来なくちゃ。
仕方ないからラッコも連れて来てやるか。(笑


少し気になったので家に帰って検索したら。。
既にミサイル超獣さんほんまさんの処で話題になっていたんですね。(笑

中華街から大きく外れても美味しい中華料理が食べられる横浜が少し誇らしく感じます。
私は中華料理こそが横浜の郷土食だと常々言ってる中華料理好きなので美味しい中華料理が食べられるのはマジに嬉しくもあります。

そのなると。。。次の宿題店は、石川町と弁天通りかなぁ
四川は辛そうなので一人だと少し腰が引けるかも?(苦笑

和太郎さん、美味しい店に連れて来てくれてありがとう。
次回は弁天通りの四川に付き合ってくれないかしら?(笑



2015-10-05 : 横浜橋 伊勢佐木町付近 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

天神橋「麦草」のハンバーグ定食

P7030012.jpg

16号線天神橋側にある昭和チックなお店「麦草」さん。
毎日前を通るのですが、遥か昔に一度入った記憶があるのみ。
併設されている煙草屋さんで買物する方が多いかも?(笑

本日は隣のAOKIで買物のついでにお昼御飯です(*゚ー゚)v




朝から営業なさっているので、サンドイッチとかメニューは豊富ですね。お腹ペコペコだったので、今回はガッリとハンバーグ定食をお願いしました。

キッチリと焼いた周囲とフンワリとした中身対照的な触感が嬉しい 、ソースは御飯がすすむ味付けです。
丼御飯を苦もなく完食、美味しかった(^~^)

煙草屋さん併設なので店内は喫煙OKなのが嫌煙家には少し厳しいかも…

2014-07-10 : 横浜橋 伊勢佐木町付近 : コメント : 8 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。