6

河津桜を見に三浦海岸まで行ったよ。

休みが頂けたのでチョイと三浦海岸駅まで河津桜を見に行ってきました。


IMG_4963.jpg


おっ!いい感じ?なんて思っていたら。。。。。
むちゃくちゃ混んできちゃった。 なんとファインダーを覗くと河津桜より姥桜の方が多いんだぞ。(笑

仕方なく上を見たら。。。。メジロ君が群れで花の蜜を吸いに来ています。
ここで何故か一気にテンション上げ!上げ!
なのに、望遠レンズ持って来なかったーーーー!


P2130151.jpg
75ミリ×2 換算150ミリでトリミングだす。


まぁ本日は河津桜が主役ってことにしておいてくださいまし。


P2130100-2.jpg

やっぱり”花見”には望遠ズームは必需品だな。。。なんて思いながら随分と粘っちゃったよ。(笑


P2130167.jpg


オマケに池にカワセミが居て そこでもまたしても粘ってしまった。
無理を承知の置きピン 大連射 大トリミングだぞ。数打てば当たるかも?ってそんなに上手くはいかない。(苦笑


P2130072.jpg


マジで動き物って難しいわね。 

ところで?今日は何を撮りに来たんだ?って感じで終わった一日でした。

スポンサーサイト
2017-02-13 : 旅先風景? : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

弾丸登山

この2ヶ月間、夏休みを除くとナント!たった1日しか休みをとっていませんでした。(苦笑

昨日は急に休みがとれたので、諸方方々へ不義理を承知でblogを放り出し遊びに行って来ました。
m(_ _)m
横浜を午前1時発。
車で4時間、その後バスとケーブルカーを乗り継ぎ最後は徒歩で標高3000メートル近くに到達して帰って来る弾丸登山です。(笑





とりあえず無事に帰って来たけれど、くたくた。。。




リクエストがありましたので後載せしておきます。

P1010021.jpg


雲の向こう。(笑

2016-09-03 : 旅先風景? : コメント : 18 : トラックバック : 0 :

尾瀬ヶ原。降ったりやんだり。土砂降りだったり。




ようやく二日目。(笑

ギリギリまで悩んだ至仏山登山でしたが二日目は”雨爺”ぢゃ!でチャレンジは断念しました  。゚(゚´Д`゚)゚。
翌日最終日に望みを託すとしても、貴重尾瀬での休日だもんね。本日はどうする?って真剣に考えたわ。

一度下山してバスで戸倉温泉でゆっくりしようかな?なんて思いつきましたが。。。
あはは。。。なんだか”それってどぉよ?”みたいなうしろめたさに襲われ止めておきました。(笑

そうだ!「見晴らし」までコーヒーを飲みに行くっことにしましょう。


201607280940200c8.gif

山の鼻から牛首分岐をヨッピ橋方面に行き、東電小屋をへて見晴らしまで行って見る事にしました。
去年は尾瀬を縦断しているのですが中央のコースを歩いてしまい此のコースは歩いていないんですよ。森が近いので熊出没係数が高いコースだそうですが。。。。まぁ良いか。



P7260143.jpg


去年は尾瀬の雄大さに怖気ついて見晴らしまで歩けるのかしら?なんてビビったものですが、
いやぁ〜 二度目となりますと悪天候でも余裕ですなぁ〜 何時かは着くだろうってブラブラ歩きました。


P7260148.jpg


降ったり止んだり。。。。時々土砂降りになったり。(笑

雨かよ!って少し憂鬱な出発だったのですが、涼しく人は少なくて思いがけず最高に気分の良いトレッキングになりました。
コーヒーにありつくまでの3時間は、あっと!言う間楽しい散策。
途中で木道に落ちていた、熊のウ◯コと思われる写真を数枚ゲットして気分も上々であります。(笑


P7260159.jpg



P7260199.jpg


去年宿泊した弥四郎小屋でコーヒータイム。注文入れてから落としてくれる香り高いものです。
3時間歩いても飲む価値あり! ドーナッツも頼めばよかったなぁ 
お弁当は前のベンチを借りコーヒーのタイムの前にいただきました。


P7260231.jpg


弥四郎小屋をでて歩き出すと土砂降り。
それでも誰もいない尾瀬ヶ原、雨に寄り添ってもらった気分最高の六時間半でした。


2016-08-05 : 旅先風景? : コメント : 14 : トラックバック : 0 :

尾瀬 富士見峠の池塘と尾瀬ヶ原。カメラの話。

P7250064.jpg


今回のコースで楽しみだった富士見峠の大きな池塘。

ここも静かでしたぁ
奥に見えるのは燧ケ岳?。。。。ここで日の出の写真を撮ったら素晴らしいだろうなぁ〜
と、思うのですが暗い中を此処まで歩くには特殊部隊の警護でもなくちゃ怖くて歩けませんよね。(笑





早めののお昼ご飯にしようかと悩んだのですが、この次のベンチで食べようと思い出発してしまいました。
これがチョイ失敗だったかなぁ


201607280940200c8.gif
すいません〜 東電さんからお借りしてます。


次の目的地の竜宮まで森の中の急な坂道を2時間降らなくてはいけません。適当なところが見つからず結局は竜宮まで歩き通してしまいました。
森の中は少々怖くてたいした休憩も取らなかったのでバテテしまった気がします。

先を急ぐべからず。


P7250081.jpg

尾瀬ヶ原に出ると、そこは流石にメイン通りです。トレッキングを楽しむ多くな方が歩いていました。
竜宮のベンチの片隅で私もオニギリを食べましたが、お茶も無く生温い水だったのが少し寂しかった。(苦笑


P7250082.jpg


後は本日の目的地 山の鼻までブラブラと歩くだけです。
予定よりペースが早くなってしまった。もっと心に余裕があったも良いかもしれないと反省。


P7250104.jpg


P7250109.jpg


予定より早く山小屋に到着してしまったので荷物を置き、近くを散策します。
「山の鼻小屋」を覗くと。。。。。ありましたね〜(笑

テレビ東京『出没!アド街ック天国』で紹介されていた、

P7250114.jpg


花豆トッピングです!
ソフトクリームに塩甘くにた花豆をトッピングしてくれます。これ食べてみたかったんだ〜
疲れた体に染み込むようような素朴な花豆のお味がたまりませんよ〜 (笑



去年からトレッキングなどに持ち出そうと購入したオリンパス E-M5 MarkIIで撮影しています。
比較的小型軽量で防塵防滴、タフさが気に入って導入したのですが。。。

なんだかダイナミックレンジ(明暗を記録する幅?)が少し狭いような気がするのよね。
山等で天気が良くなった時に地面に露出を合わせると、空は思い切り白トビしちゃうのよ。

仕方なくRAWで暗く撮って家でシコシコと現像していますが、今度は時間がかかるしノイズが気になります。(笑
やっぱりセンサーサイズの大きいカメラでないとダメかなぁ
三脚担いでフィルター使用だと荷物が重くなって苦しい事になりそうですし。。。


2016-08-04 : 旅先風景? : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

鳩待峠〜アヤメ平 熊と雉

初日のルートは鳩待峠からアヤメ平を抜け富士見峠から下り尾瀬ヶ原竜宮を左折 山の鼻まででした。


201607280940200c8.gif



今回の目的地の一つアヤメ平はかつて「天空の楽園」と呼ばれ尾瀬の代表的なウォーキングコースであったそうです。
現在では尾瀬ヶ原にその座を譲りお訪れる人も少ない静かなところだとか。
「天空の楽園」。。。静かなところ? そう聞けばどうしても行きたいでしょ?(笑



P7250045.jpg
アヤメ平

ほんとうに人が少ないの。。。
追い越して行った6人グループとすれ違った二組だけでした。


P7250040.jpg
アヤメ平のベンチ

アヤメ平のベンチに座ってゆっくりと休憩。

流れる雲から姿を見せる燧ヶ岳に見とれていると、後ろから急いだように追い越して行った若い男女6人グループから笑い声と共に。。。
「嘘! 次の小屋まで2時間? 絶対無理! 次の草むらで駆け込むから!」
どっと!笑い声。

何処にでも”雉撃ち”を迫られる不運な奴って居るんだなぁ
私しゃ快調快調。(笑


時計を少しだけ巻き戻し。。。


鳩待峠を出発したのが5時45分くらいであったでしょうか、アヤメ平への登山口は山小屋の裏側 目立たないところにありました。
朝食のお弁当を食べ、出発の支度をしている時に二名の入山を確認しているので、いかに訪れる人が少ないのか想像がつくと思います。

鳩待峠~アヤメ平の往路は標高差370mを二時間半ばかり上ったまさに天空の湿原なのですが、途中森を抜け横田代に入ると背の高い木は富士見峠まであまりなく明るいく緩やかな木道を楽しむ事ができます。

P7250019.jpg

正直、あまりの人の少なさに熊さん出没が怖い。(笑


P7250008.jpg

横田代は少し木が目立ちますが、アヤメ平に入ると一気に。。。


P7250035.jpg

ドーーーン!と視界が開けました。
時々熊鈴鳴らしたけれど、私はそんなに怖くはなかったなぁ~(笑

P7250032.jpg



P7250037.jpg

P7250047.jpg


アヤメ平の出口付近ですれ違ったお方。
写真を撮っていたら、苦笑いしながら戻って来られました。

「イヤァ~ 今日人と会ったのは貴方だけでして、いくら何でも人が少ないので熊が怖い! この辺りで引き返しますよ~」

ですって。(笑


P7250054.jpg


最高の風景一人占めの嬉しさもあるけれど、たしかに熊に出会わないかと何処か落ち着かなくもあるアヤメ平でした。

次に目指すのは富士見峠にある大きな池塘です。


2016-07-30 : 旅先風景? : コメント : 13 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター