6

浜チベットの原風景を貴方は知っていますか?

中村町で生まれた私は、その後平楽に引越し 幼稚園に入園前に引っ越すことになる。
そこは。。。
最近の“横浜ブログ”を拝見しておりますと、「浜チベット」と紹介される事の多い、相鉄線沿線。

嗚呼! 僕の 野沢屋お好み食堂! 不二家! 別れは辛い。。。。。(涙

「浜チベット」といわれてはおりますが。。。
どの程度チベットか知る方は少ないと思う!

「浜チベット」の原風景を紹介したいと思います。
40数年前の写真です。

お断り致しておきますが。。。横浜市内ですから!




瀬谷


横浜市の田舎でスクスクと育つ“僕” 
家から歩いて10分位の所
品行方正な横浜出身田舎ッ子として育ちました。



瀬谷3

スケッチをする僕。お絵かきが好きでした。
奥の森などで“松ボックリ”など拾って風呂の薪に使いましたよ。
45年ちょい前は風呂はまだ薪を使っている所も多かった。


瀬谷2

チャンバラごっこをしております。
「隠密剣士」 「忍者部隊月光」 なんかを憶えておりますよ。

ここで遊牧はしておりませんでした。 念のため。。。

瀬谷4

当然 畑や田んぼも多くありました。
茅葺屋根の家も珍しくは無かったなぁ~


瀬谷5

遊びはザリガニ、カエル、虫取り。。。
近所のお兄さんに連れられてセリやウド、山イチゴ、山芋、なんかも取りにいった。

もう一度確認いたします。
横浜市内ですからねーーーー!   浜チベット頑張れ!


幸いなことに。。。
祖母が中村町、弘明寺など横浜下町に住んでおりましたし、
親戚が、不二家や 野沢屋お好み食堂に勤めておりまして、
ペコちゃんや御子様ランチとは別れずに済みました。(笑
スポンサーサイト
2009-11-30 : セピアな横浜 : コメント : 14 : トラックバック : 0 :

京都 錦小路 

honngannji.jpg

ただいまぁ~    京都から帰ってまいりました!
昨日の新幹線での夢は忘れてください。(笑

本当に昼間は仕事をしていたんですよ!

本願寺扉

まぁ  夜は出張の役得ということで美味いものを頂いてまいりました。
社長と一緒なので写真は撮れませんでしたが、良い思いをさせて頂きました。

祇園川

祇園の 「割烹 鮨 新山」 で夕食を頂きました。
此方のお店は 京都の地元の方が殆んどの店であります。

関東の“鮨屋さんの割烹”ではなく“割烹料理屋が鮨を提供”するという貴重な体験の出来る店です。
良いお店ですわ!  
カミさんと老後に また来たいなとおもいましたわ。

食後  解散しましてからの“夢”は昨日お伝えいたしましたよねぇ(笑

清水寺4

凄い人込の中を爺はフットワーク軽く 清水寺まで行きました。
先日の二の酉といい、今回の特別拝観といい 爺は孤独ですわ。(笑

翌日は仕事が片付いた後に 京都の台所 “錦小路”に行って来ました。

どうしても気になるものが。。。

焼きぽん

錦小路  「京丹波の焼きポン栗」

テレビで見たの!  圧力を掛けて焼くのかしら?
ポン!と焼きあがる栗をうっているんです。

焼き栗

栗がデカっ!  焼きたてしか売らないようですよ。
香ばしくて良きかな!  ホッホク!
栗の質の良さは見ての通りです。  オススメできます。
お土産で買っても、通りの端で焼き立てを1,2個食べてしまうことをお勧めいたします!
(焼きたてこそに真価ありかな。。。)

もう一つが。。。

餅屋

「もちつき屋」さん

餅

“大入り豆”  お店の一番人気らしいです。
豆もちが好き!   大概のものが美味しく頂けてしまいます。

見て見て!   この豆の多さを!

焼きました。。。。

焼いた

言うことは無しで御座いましょう。

あとは “井上”の「ちりめん山椒」 100グラムのパックで490円。。。安い!
しかし少々 私には甘いかな?

土産物の「ちりめん山椒」って高いと思う。
京都の庶民の台所で好みの「ちりめん山椒」を見つけたいなぁ~
何方かオススメがあったら教えてください!

ブログ効果かしら?
つまらない出張も何故か楽しみを持って行動できました。

ありがとう御座います。m(_ _)m

2009-11-28 : 未分類 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

京都 夜の紅葉

祇園橋

京都出張の初日 。
予定していた仕事はトントン拍子に進み、予想以上に早く終わった。
時間を早めて始まった祇園での会食も7時を回った頃にはお開きとなり、
私は一人川の辺で煙草に火をつける。

先ほどから内ポケットの中で震えていた携帯電話を取り出し履歴を確認し、
同じ携帯の電話番号が綺麗に三つ並んでいる そのうちの一つを無造作に選び電話を掛けた。

相手はすぐに出た。
「こんばんわ。」   かるく語尾がうわずる声が、電話を待ちかねていた気持ちを伝えている。

“ゆき乃”である。

彼女は若宮小路の喫茶店にいるという。
前回の出張の時に待ち合わせをした店であり
所在の分かっている私は其方に行くことを伝え電話を切った。

私は若宮小路までの道すがら三年前の彼女との出会いを思い出していた。

三年前 やはり祇園での宴のときに芸妓として私の前にあらわれた彼女は
三十の半ばをまわったばかりで、ほかの舞妓から「お姉さん」と呼ばれていた。

その後の出会いを思うと不思議な縁というしかないものがあったと思い出しながら、
四条通りを渡り若宮小路の入り口に着くと彼女は其処にすでに私を待っていた。

プライベートの装いとはいえ、薄い藤色の小紋に渋い柿色のショールを羽織った彼女を
何人かの観光客が遠巻きに視線をおくっている。

「どうしたんだい?、店まで行くと言ったのに。。。」という私の問いにゆき乃派は答えずに、
私の目を見つめ そして視線をおとし  「こんばんわ。」ともう一度言った。


暫くの間 観光客の波に身を任せ二人無言で漫ろ歩き そして、私から言葉をかけた。
「凄い人出だな。」

この時期は清水寺の秋の特別拝観があり、夜は紅葉がライトアップされていることを私に教えて、
ゆき乃は 「行ってみたい。」  という。
和装で清水寺までの坂道は辛くは無いかと心配する私に向かい、
「大丈夫おす。」と にっこりと笑う。

ねねの路

高台寺に向かい“ねねの道”を歩く。
ゆき乃は逆方向から人並みを避けるかの様に私の半歩後ろを歩き、
ポケットに手をいれた私の左手にそっと両手をまわしていた。

ねね


gねねの路2

高台寺を過ぎ、道幅の狭くなった坂をしばらく登っていくと清水寺門前のみやげ物が続き、
門前の階段を上り清水寺の境内に入ると其処は、ライトアップされた紅葉一色となっていく。

清水寺1


暫く本堂に向かい登っていくと ふいに右手に京都の町並みが開ける。

歩みを止め、手すりに持たれながら 京都の街に見入っているゆき乃の横顔にを見ていると、
ふいに彼女の白い頬に紅葉の紅が溶け込み 此処にだだ二人で立っているような錯覚に囚われた。

そんな私の心を見透かすように
「京都タワーって寂しそうですね。」と伏せ目がちに微笑む彼女の瞳にまた紅が溶け込む。


清水寺2

無言で暫く歩くと、道はくだりとなり先ほど入ってきた山門近くに戻ってくる。

清水寺3


どのくらいの時を歩いたであろうか。

私たちは先斗町にある彼女の行き着けの店のドアを開け、
古いジャズのレコードがかかる店内に入ると加茂川の見える席に座った。

四条大橋


彼女は私のためにバーボンのロックを頼み、自分はカンパリソーダを注文した。

ウエイターの置いていったカンパリソーダを暫く手の中でもてあそぶかのように
回していた彼女は ふいにすっうと持ち上げ加茂川の辺の夜景にかざし、
独り言のように呟いた。

「紅葉みたいですね。」






「まもなく新横浜ぁ~   新横浜でございます~」

ん?
こんばんわ!  いその爺でございます。
出張の帰り道、熟睡しておりました。

なんか。。。良い夢をみていたような。。。涎たれてるし。。。なにか寝言をいってました?

明日はがんばって京都レポをアップいたします!
今日はもうお休みなさい。。。。
2009-11-27 : 未分類 : コメント : 12 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住。

FC2カウンター