6

豪華! キャビア!

世界の三大珍味の一つ。  キャビア。

若い頃は“キャビア”というものは、
クラッカーの上に乗ってくるオレンジと黒のカニっ子みたいなヤツだと信じていた。
たいして旨くなかったよ~

少々大人になったときに
「キャビアってモノは、どうやらサメの卵らしい・・ゾ!」と聞いたときは驚いたものだ。(笑


二十代の前半の頃、三十年前だな。 
航空会社に勤めていた父の友人の娘さんで 私の幼なじみが
「オジサン! ソ連まで飛んできたけどお土産を買ってきたよ~」 と明るく遊びに来た。
「最高級のキャビアなんだから~  美味しいよ!」  と明るく瓶詰めを置いて帰って行った。


その晩。 手のひらに丁度良いくらいの大きさの瓶の蓋を嬉々としながら開けてみると・・
小振りなイクラ位の大きさの、何百もの深いグリーン色の目玉がギョロギョロと此方を睨んでいる。
「蛙の卵みたいだな・・・」  と思わず口にしてしまいました。

この言葉に反応した母は、この時点でギブ!(笑
元々 生ものに興味を示さない父は、「おまえが食っていいよ。」と瓶を差し出す。

ヤッタ~!! 三大珍味独り占め! 
と喜んだのですが、正直・・食べ方がわからないのです。


そこで思い出したのが、映画“太陽がいっぱい”のなかで主演のアランドロンが、
金持ちの友人を殺し、まんまと友人になりすますシーンでありました。
その計画が上手くいった時に、ヨットの上で一人祝杯を挙げるために、
彼は酒を飲みキャビアを開け、大きなスプーンで口に頬張ったような記憶が・・・

おおっ! それでいこうじゃないの!

大きなスプーンにキャビアをすくい、ガッリといきましたよ。  贅沢だ!!!! 
パクリといきますと・・・んっ? 生臭い!!!  塩っぱい!!! ウエェ~!!!  
「なんだこれ? マズイじゃないの~!!!」  

これが私の初キャビアでありました。(笑


あれから三十年!(キミマロ風)
少々の知識の中で“パンケーキとサワークリームと共に食する”という事、
そして限りなく少ない経験をすることができました。そう限りなく少ない・・・
やはり・・・美味しいのね・・・

高いからなぁ~  家で一度でいいから沢山食べてみたいな・・・と考えておりました。

IMG_6332-2.jpg

買っちゃった! 

IMG_6345-2.jpg


688円だったかな?   あれ?・・・・安くないか?
“ランプフィッシュの卵” キャビアの代用品だそうです。(笑

家でパンケーキを焼いて、サワークリームを作るのが面倒だと思っていたら、
ネットに 「パンにバターを乗せてキャビアと共に食すも旨し。」
と載っていたので試して見たくなったのよ。

IMG_6349-2.jpg

おおっ! なかなか旨いじゃないですか!(笑

パンは表面がカリッとするくらいまで焼いて、冷ましました。
パンが品不足の折、サンドイッチ用が無いので厚めで我慢です。
もちろんバターは常温にしてありますよ。

IMG_6342.jpg

1080円のワインでかなりの贅沢気分です。
あははっ! 若い頃のカニっ子キャビアより数段旨いよ~


お小遣いを貯めて何時か本物を頂きましょう。
ところで・・・本物のキャビアって何処で売っているの? 

スポンサーサイト
2011-03-31 : 未分類 : コメント : 25 : トラックバック : 0 :

屏風浦 「洋菓子 マロン」のケーキ。

横浜では“ゆきやなぎ”が様々なところで咲いています。
家の庭や、公園、植物園。 春なのに、“ゆきやなぎ”?

まぁ 白くて小さい花が“雪”のように見えるもんねぇ~
と思いながら、写真を撮ってみますと・・・


IMG_1633-2.jpg

いちめんの雪景色を思い出してしまいました。

春を待つ気持ちと裏腹に、全てを覆い尽くす美しさに暫しうっとりでした。
オヤジの頭には・・・・“なごり雪”が流れてきたよ。(笑

そんな写真撮影の帰り路。
家へのお土産に、屏風浦駅側 環状2号線沿の「洋菓子 マロン」でケーキを買いました。

IMG_6328-2.jpg

“イチゴのタルト”を二つ。

IMG_6330-2.jpg

“ショートケーキ”を二つ。
少し写真が暗いけれど・・・節電モードなのでお許しを・・・(笑
まぁ  ケーキの選択理由は 「雪景色を思い出すでしょ?」 みたいな安易な発想なのですが。

我家は長男が独立していますので、夫婦二人と次男こぶ平の三人暮らしなのですが、
ケーキは何時も、四つ買います。  なんで?

それは、当然ながら私が二つ食べるからです。   
だって! 二人ともケーキを買って帰っても、あまり喜ばないのですよ!
牡蛎やら塩辛、タコを買って帰った方が、よほど喜ぶんですからね。

好きな人が沢山食べれば良いのよ!!!  

私たちが磯子に引っ越してきたのが二十数年前。
その時に、美味しいケーキを売っている店があるよ! と近所の方に教えてもらい、
子供の誕生日などによく買いに行きました。

注文の品を、箱詰めしながら 「今日もさむいですね。」 などと言葉を掛けてくれます。

地元に根付いた味は今も健在でありますよ。   満足なり。(笑



2011-03-30 : 地元磯子と屏風浦、杉田 金沢界隈 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

屏風浦 立ち呑み「鰻屋」

IMG_1252-2.jpg


先日 珍しく土曜日に休みが取れたのですが、残念ながらカミさんは妹とお出かけ・・・
私は寂しく“一人晩ご飯”とあいなりました。

京急 屏風浦駅から病院沿いを入っていくと「白旗商店街」があります。
今や商店街と呼ぶには、店も少なくなってしまった小さな通りなのですが・・・


その一角に、立ち飲み「鰻屋」さんがあります。

名称未設定 1-2

渋い趣がある店であります。 店頭では鰻の蒲焼きや焼き鳥を商っていらっしゃいます。
店の中は“立ち呑み”スペースになっていまして、地元親父のオアシスになっております。


IMG_6322-2.jpg

焼き鳥は一本なんと60円の破格値! ビールの大瓶と共に注文。

お客さんは殆どが地元の方のようです(私も地元?)皆さん共通の話題で盛り上がっています。
実は私は何度か訪れているのですが、写真が撮りにくくて・・・本日は勇気を振り絞ってのレポです。(笑

IMG_6323-2.jpg

マグロのお刺身はナント!300円でございます。  安い!
ホッピーがどうも好きになれないので、日本酒をお願いします。

そして、本日のお目当ての“うな丼”  800円

IMG_6324-2.jpg

土曜日のみ“御飯”があります、その御飯はサービスだそうですよ!
平時は蒲焼きのみの提供のようです。(白焼きはあるのかな?)

注文後に蒸してくださる身は、あまり蒸し過ぎないようで 少しプリッとした食感が残る。
値段を考えると当然ながら、小振りの鰻なので“蒸し過ぎない”のは理に叶っています。
小さめの丼は呑んだ後には丁度良く、一気に完食であります。満足であります。旨し! 

小一時間ではありますが、常連さんのお話に耳を傾けながら楽しませてもらいました。
また、行こう。  やはり“うな丼”のある土曜が狙い目かな?(笑

IMG_1249-2.jpg

商店街のシンボル“街灯”が無ければ住宅地と間違えそうなくらい、店は少なくなってしまいました。
寂しいな・・・

IMG_1647-2.jpg

スズランが咲いています。  この花を見ると“商店街の街灯”を思い出してしまうのですよ。
ホンワリと白く輝く花は、虫たちを優しく照らしているように見えるのですが・・

そういえば・・“すずらん通り商店街”とか何処かで見たような気がします。
寂しくなってしまった“地元商店街”ですが・・・・私は好きだな。



2011-03-28 : 地元磯子と屏風浦、杉田 金沢界隈 : コメント : 17 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住。

FC2カウンター