6

ナポリタン発祥は野毛「センターグリル」に移行かな?

世の中はナポリタンブームなのかしら?

“ほんまさん”が掲示板で『横浜ウォーカー』の記事「ナポリタンに夢中♪」をチョイと触っていた。
あれ?これは何か載ってるな! と思って速攻買いに行って来ましたよ。

“2013年6月号”の記事「ナポリタンに夢中♪」のなかで、“野毛のセンターグリル”と“日の出町のレストランすいれん”を取り上げています。

☆「米国風洋食センターグリル」は1946年(昭和21年)に創業され、その当時からナポリタンにはケチャップが使用されていた事。
☆「レストランすいれん」はアメリカ進駐軍の専用食堂で働いていた初代が1950年(昭和25年)に開業、ナポリタンには自家製トマトソースとケチャップのブレンドを使用していた事。

そんな事が紹介されていました。
これ待っていたんですよ♪ だってブームになるとマスコミ等の取材が入って、新しい事実なんかが掘り起こされるぢゃん!(笑


現在ナポリタンの発祥の地といわれている、「横浜ニューグランドホテル」の接収解除は昭和27年そして営業再開なんだけれど・・
おかしいでしょ?
昭和27年からのナポリタンが発祥で(それもケチャップ未使用)、21年それも当初からケチャップ使用が枝葉になっているんだよね。

時系列が狂っているんですよ。
この事は2009年には早くも前出の“ほんまさん”が疑問を投げかけていたんだよね。
そんな延長線上あるのが、拙ブログの「ナポリタンの謎を探せ」カテゴリーって事になります
(長いなぁ~ もう4年以上この話題を引っ張っているんだよ~ 苦笑)


“時系列の狂い” 最近ではマスコミ等も気が付きだしているようで、ケチャップナポリタンの元祖として「センターグリル」が紹介される事をよく眼にするような気がします。

私的にはもう一度、諸説ありに戻り「センターグリル」進駐軍伝承説が登場するのは大歓迎です。ようやく歴史が自然な流れに戻るんだからね。

諸説と申せば・・
「三越発祥説」も この勢いで三越資料室に是非ともマスコミ取材が入る事を熱望しています。

後は「戦前におけるフランス料理、ナポリターナ説」が有力だと思うのだけれど・・
その前に確認しなくてはいけないのが、ニューグランド説の創始者と言われた入江氏の名誉の問題です。
彼はナポリタンを自身が亡くなるまで「自分が発案した」と公言することがなかったと言われています。
御本人が語らなかった事が何故にこうも流布されて行ったのだろうか?

そして敗戦という時代を担った、フランス料理を極めたシェフとしてどんな気持ちでナポリタンを提供したのであったのだろうか?
感じ方は各々違うかもしれませんが、入江氏の名誉を重く考えたいのですよ。

そのためには戦前戦後の洋食事情(とくにアメリカ料理実情)を知る必要があります。
この辺りは尊敬する古川ロッパ先生の『ああ東京は食い倒れ』の中に詳しい。あおぞら文庫の載っている、短編なので是非とも読んで頂きたいと思います。
そしてもうひとつ『富士屋ホテル』のなかには戦いに敗れアメリカ式の食文化を受け入れていく当時の気持ちが書かれています。

如何でしょうか?
各々の感じ方は違うと思いますが、先人達の過酷な時代背景のなかでの生き方を想像するのは大事だと思いませんか?


さて最後に「フランス料理 ナポリテーヌ元祖説」の補足を・・・

今回『横浜ウォーカー』に紹介されていましたが、「センターグリル」はニューグランドの初代総料理長であったサリー・ワイルが経営していた、「センターホテル」に勤めていた初代が開業したそうです。

この事において今後ニューグランドが“サニー・ワイルによるフランス料理ナポリテーヌ”が元祖であり、我がホテルがその名誉を担う、なんて愚かな事は言い出すとは思えません。
だって・・・・・
>ナポリタンは英語で「ナポリ風」を意味しますが、スパゲッティナポリタンの名前の由来は、まさにイタリアのナポリにあります。中世のころ、スパゲッティは、イタリアのナポリにおいて、路上の屋台で売られていた庶民な食べ物だったそうです。この話をもとに入江総料理長が、スパゲッティナポリタンと命名し・・・<

自らの発言は重い。
歴史軽視をしちゃうと、歴史を担うホテルとしての信用を落としかねないのは重々ご存知のはずですものね。


次回は戦前には洋食店でケチャップが使われていたの?なんて疑問にお答えするような文献を御紹介予定です。(笑

追伸
ナポリタンブームって言われながら、意外と地元横浜では盛り上がらないのは上記あたりに疑問を持っていたからなんだと思うのよね。
センターグリルが注目され、他の横浜の洋食店(系譜なんて関係無く)の歴史などが掘り起こされると、もっと面白い展開になる気がするんだけれど・・・

皆様はどの様にお考えになりますか?

スポンサーサイト
2013-05-31 : ナポリタンの“謎”を追え : コメント : 9 :

公園をブラブラ

火曜日に休みがとれた。

梅雨入り間近ってことで、天気は期待していません。午前中は家でゴロゴロして、近くの公園まで散歩。
気になっていたカルガモ親子は、子供が欠ける事無く七羽健在。
良かった~(笑
ずいぶんと大きくなっていました。
正直、先週の方が可愛かったな。(笑

60Dに100ミリマクロだけ、今日も三脚を持ち出す気力無し。

小池の方を覗いたら白く光るものを発見、近くまで行ってみると…




どうも羽化したてのモンシロチョウみたいです。綺麗な白色が鈍く光るように見えました。
しばらく観察していたら、ハタハタ…と頼りなく舞って行きます、後を着いて行ったら、紫陽花の上で休んでいたわ。


IMG_9420.jpg


まだ羽根がシワシワで乾いていないようです。
若い輝きって感じかなぁ  私には眩しいわ!(笑

健康な若さに眩しさ感じる様な歳になったって事だね。
あ~ヤダヤダ…

親指フォーカス、置きピンなんて技で蝶の飛翔を撮ろうとしたけど…
結果は惨敗。

足元から飛んだ鳥は…


IMG_9450.jpg

う~む  修行が足りませんなぁ~

連写スピード、フォーカスポイントいろいろ欲してしまうけれど、現状維持はに努めねばなりません。
動きモノには手を出さない様にします。(笑
2013-05-30 : 鳥が上手く撮れない話。 : コメント : 8 :

フランス料理で神の足裏の匂いを嗅ぐ。

ハァハァ・・「約束の間ぎりぎりだわ! なにも一人の0次会で生ビールをお代わりしなくても良いのに・・」タッタッタッツ・・・
「あった! リパイユ! ここだ!」
ギィ~~~ィ  「あっ! 皆さんお揃い、遅くなってすみません!」


「あっ! くらげ男さん、お久しぶりです!」

名称未設定 1のコピー
「・・・・・・・コクッ」

「今日はお誘いありがとうございます!」


名称未設定 1のコピー
「・・・・・・コクッ」


アハハッ・・・・
本日は久しぶりに、クラゲ男さん、モモコさん、astarothさん、ヨウジさんと関内「フランス料理 リパイユ」で会食です。


先ずは泡で乾杯! 「お久しぶりです~!!!」(一同



P5240067.jpg
鯵のマリネ たしか長崎産との事、これが身のしまり具合、脂共に申し分なし。

さっそくに白ワインを頂く。
ワインを選ぶのはモモコさんにお任せ~~

002_20130528063403.jpg
サンーヴェラン 8か村からなる地区名AOCで、シャルドネ種による白ワインだけが認められている。

輝くようなゴールド。桃や洋なしと、バター、へーゼルナッツ、バニラが一体となった豊かな香り。 ウマイ!(適当!笑
じつはシャドネ=甘い蜂蜜の香りってイメージがあったのですが、まったくイメージが違いました。
う~ん  ワインって奥が深いなぁ~
モモコさん曰く、「身体に叩き込む!」事で微妙な違いが解るようになるそうな・・・・どんだけ呑むの?(笑



P5240070.jpg
「乾杯~」


P5240072.jpg
鶏ハツのコンフィ、 オリーブオイル?でゆっくり揚げたのかしら、香ばしくてウマイ!

素敵なお土産、プレゼントを皆様から頂きました。m(_ _)m
しまった。。。。中華街土産最安値の“トウガラシ守りストラップ”50円也で済ませてしまった自分が恥ずかしい。(汗


004_20130528063408.jpg
ボジョレー・・・・・は分かるが・・・・後は不明。(汗

003_20130528063406.jpg
「乾杯~~!」

P5240073.jpg
タルトラタトゥイユとポーチドエッグ  ソースは小松菜だったかな・・・

このソースが上品で良かったぁ~

P5240075.jpg
卵を割るとホンワリと温かい、素材の温度が均一になっている様なきがしました。なんとも幸せな気分。 

下のタルトの触感がよいアクセントになってます。
料理の温度、触感、香りの気使いが伝わる繊細な仕事・・・・すごいなぁ

006_20130528063410.jpg
醸造元 サン・アマン 品種はシラー・グルナッシュって事でよいのかしら?

「乾杯~~!!」
って即にボトルが空いてしまう。

クラゲさん「表に出ろ!」
本日最初の“表に出ろ!”が発せられた事で皆さん良い加減の酔い心地に突入した印。(笑
いつもの如くstarothさんは無視、お決まりなお二人の掛け合いに場もなごみます。

P5240077.jpg
大根のポタージュ 柚子胡椒風味

洋と和の中間から、グイっと洋に踏み出した辺りの香り、初めての領域。これ美味い!
パクりたいと思い、よ~く味を確かめた、うむ!豆乳か?
ブーーーー! 玉ねぎを使用しているけれど、豆乳は不使用だそうな・・・・笑

008_20130528063412.jpg
アルザス ピノ・ノワール  どうもピノ・ノワールってよく理解できない私。

どうも自分で買ってくる“ピノ・ノワール”って外れが多いような気がして悩んでいたのですが・・・
これは当然ながら美味しいなぁ~
やはりワイン経験を“身体に叩き込む”事で解決できるのかも?(笑

P5240078.jpg
仔牛のロースト ジャガイモと筍のガレット シャンピニョンのデュクセル

ソース美味し!
パンですくってお皿を綺麗にピカピカにしてしまいました。 

P5240081.jpg
チーズの盛り合わせ

ここで生まれて初めて“神様の足の裏”の匂いを嗅いだ。
左下のチーズ、神様の足の裏の香りだそうだ・・・・ギリギリの香り! でもワインと頂くと癖になりそう。
右上もなかなかの香り、私とヨウジさんは「クサヤ、納豆・・・・」と出てくる表現がなんとも純和風です。(笑

チーズってこうして盛り合わせて頂くと、より美味しいね。


P5240082.jpg

食後はコーヒーとデザート、クッキーを頂き大満足な会食でありました。

初めての発見が沢山ありました。食べる事、呑む事、なんて楽しいのでしょう。
翌日が早いので、二次会のために野毛方面に歩いていく皆さんの姿を見送りながら、涙を浮かべてお別れいたしました。
嗚呼・・・・二次会に私も行きたい・・・・・

お誘いをお待ちしています、また遊んでね♪


2013-05-28 : オサレ? 元町 関内 MM 近辺 : コメント : 13 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住。

FC2カウンター