6

愛情をそそいでいます。

”ちえさん”の処を覗いていたら食べたくなっちゃって。 愛情をタップリそそいで糠床を育てています。

日光に行く時は冷蔵庫に避難してもらったけれど、旅行中も心配で心配で。。。。。。


                   


大丈夫。強い子に育ちました!

きゅうりと茄子一本で満員になりそうな小さな部屋タッパしか与えてやれないのに、
健気に頑張って生活しております。
私の好物 茄子の糠漬けは床に色が残ってしまうので三日に一度くらいに自粛。
この時期美味しい胡瓜が大活躍です。

昨晩の茄子はとても美味しく漬かり幸せ気分。
飽食の時代と言われるなか、茄子一本で幸せを感じてしまうのは。。。。
歳のせいなのか?はたまた日本人のDNAのなせる業なのか?(笑



暑いので、”どぜう”にも手が伸びた。

                   DSC01277.jpg


ちょいと古い本を開いてみたら、牛蒡やら葱、野菜 芋類と一緒に煮てしまう泥鰌鍋のことが書いてある。
なんだかイメージとしては「けんちん泥鰌鍋」って感じなので、作ってみたわ。


                   DSC01282.jpg


これ、なかなか旨い。
あっ!どじょう君には愛情とともに酒を注ぐのを忘れずに。(笑


スポンサーサイト
2017-07-30 : いその家の食卓 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

奥日光サクッと一周トレッキング。その2

「ほら! 晴れてきたよ!♪」  ってラッコが言うのに驚いたわ。(笑
晴れ女の執念恐るべし、切込湖に着いてオニギリ食べてたら雲の切れ間に青空が見えています。


DSC01346.jpg

カッパを脱いでTシャツになると少し体も軽くなった気がしてくるから不思議。

「あぁ〜ぁ こんなことなら一眼機を持って来ればよかった。。。。」
じつは雨が鬱陶しくてカッパのポケットにコンデジを入れてきただけだったんですよ。(汗


DSC01350.jpg
涸沼は尾瀬を思い出す風景が広がっていました。

まぁ 軽いしよく写るから体力のない爺さんにはコンデジの方が合っているね。
山は軽いのが一番だぁーーーーー! と自分を慰めておきました。

憧れは。。。あるけれど。

後は山王峠を越え、長い坂道を下れば目指す光徳温泉へ到着できます。
「まだ上りがあるのかよ〜」と嘆く爺さんは登るの嫌い、木道が大好きです。(笑
そうそう!峠の上で初めて人とすれ違いましたよ。





光徳温泉には牧場もあります。 当然ながら自分へのご褒美♪

DSC01360.jpg

ここまではママチャリで来れないだろうなぁ〜
と思いながらいただくアイスクリームの美味さは格別なものがあり、
今ではトレッキングへの大きなモチベーションの一つになっています。(笑

濃厚で美味し!

2017-07-27 : 旅先風景? : コメント : 20 : トラックバック : 0 :

奥日光サクッと一周トレッキング。その1

初日の目標 奥日光「切込湖 刈込湖」に向かうため雨の湯ノ湖を6時に出発です。
あ〜ぁ  今年も”雨爺ぢゃ!” (笑

雨の中 薄暗い苔生す森を歩いていきます。
途中の泥濘に先行者の足跡はありません、どうやら我々がトップスタートだと思ったのですが、
お約束通り大きなもっこり肉球の足跡を発見、どうやら熊さんが先に歩いていたようです。

熊は怖いのだけれど、鳥の囀りを聴きながら静かな森を歩くのは贅沢な時間でもあります。
熊よけの鈴と時折吹くホイッスルの音はご愛嬌だと思ってくださいまし。(笑

しばらくして刈込湖に到着。


   DSC01313.jpg


誰ぇ〜もいません。 湖畔の足跡を綺麗に洗い流してくれた雨も何時の間にか止んでいました。
真新しい絨毯に土足で上がってしまうような罪悪感を感じながら一歩を踏み出します。


        DSC01326.jpg


静かだぁ。。。。。。。

それにしても恐ろしいのは”晴れ女”ラッコ様の神通力であります。
この後の切込湖では、なんと雲を切り裂き太陽を覗かせる奇跡まで披露してくださいました。
この先も逆らわないようにして生きていこうと。。。。。あらためて心に刻んだのでありました。






湯ノ湖→切込刈込湖→光徳温泉までの4時間半コース、途中休憩を入れて6時間ちょいを予定していたのですが。。。


名称未設定 1


なんと結果的には光徳温泉からバスに乗り、地図の下を超え赤沼に移動、
戦場ヶ原に入り、湯ノ湖左岸を歩きスタート地点まで戻る9時間半コースに拡大してしまいました。

「サクッと一周」とタイトルしておきます。

続く。
2017-07-27 : 旅先風景? : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住。

FC2カウンター