6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

「湯麺」タンメンっては何者なのか?昭和14年のレシピ。

酒を呑んだ後についつい、〆だ!〆だ!言いながらタンメンを喰ってしまう。
その日の気分や腹具合で、今日は”飯もの”が佳いやら”炒麺”が佳いやらと浮気をするが、
最後に帰り着く処はやはりタンメンなのだろうと。。。。思っていたがよくよく考えてみると、最近あまり食べていないかも? けっこうお腹がいっぱいにまちゃうんだよね。
それってやっぱ加齢かな?(汗


名称未設定 1_edited-1





しかし、この可愛いタンメンが少々素性が解らない奴でして、出身地はおろか”タンメン”って名前自体が源氏名なのか本名なのかってことさえよく知らないんだわ。
あまり素性を詮索すると嫌われてしまうかもしれないな?と思いながら今日も古い本をあさり、ついつい尾行をしてしまいました。ストーカーってわけぢゃないぞ!


そもそも”湯麺”と書いて”タンメン”って読むんだけれど、”湯麺”ってのは中国では単純に日本の”かけ蕎麦”なんかと同じように汁、つゆ、スープに浸かった麺の総称って事だそうだ。
中華料理屋に行って、”菜単(メニュー)”を覗いてみると。たしかに”湯麺(スープ麺)の部”と書かれた後に広東麺、海老そば等品名が並んでいるのをみると至極納得。
もっとも中華街では”タンメン”を提供している店は極々少数なので”タンメン”の文字を”菜単”の中より町の中華屋さんの壁メニューで見つけることの方が断然多いよね。

出生を探せば”諸説あり”という曖昧な存在でして、”横浜か東京辺”りで”戦後”もしくは”戦前”に生まれたのではないかとされています。ここの曖昧なところが私的には非常に「萌えぇ〜」としてしまうところでして。
抜群なプロポーションなんだ!としか言いようがありません。(笑


尾行の結果。
戦前昭和14年の婦人誌に”湯麺<タンミェン>なるレシピを発見出来ました。
>スープは鹽で大體のの味をつけ、醤油を少々落とし。。。。
>有合のお好きな野菜を適宜にお入れください。。。。
>湯麺の材料は大抵短冊に切ります。
などと書かれていますので、具を炒めてはないにしても名前といい特徴といい”タンメン”と言って差し支えなさそうです。
戦後生まれのピチピチとは言えませんが、戦前生まれの熟女なんだなと思えます。

本日の尾行は此処でまかれてしまいました。(笑


ところで、”ちゃんぽん”なんですが、福建料理の『湯肉絲麺(とんにいしいめん)』がルーツなんだと言われているのですが、私はタンメンも同じところに根っ子が在るんぢゃないかという感じをうけているのですが。。。。
そこに全く根拠はありません。(笑

******************************



湯 麺<タンミェン>(スープそば)

▲材料=そば、スープ、芝海老。
 茹でたてのそばをすぐスープをかけて頂くものですから、スープを添える材料はその前に用意します。


 海老は鹽茹にして皮を剥き、スープは鹽で大體のの味をつけ、醤油を少々落としてお加減を整えておき、なほこの他にも葱やもやし、青味など、有合のお好きな野菜を適宜にお入れください。

 そばの茹湯をたっぷり沸かす間に、器や材料を手落ちなく用意して側におき、スープは味をつけて冷めないやうにしておきます。そして、煮立つてきましたら、充分に火を通るように少し時間をかけて茹で、さつと引上げてよく水気をきり、器にあけます。
 そこへ、用意の熱いスープをたつぷり注ぎ、箸でそばをきれいに浮かして、芝海老を飾り、すぐに召し上がつていただきます。
 お薬味は、やはり晒し葱、溶き芥子、七色蕃枯?など日本風に添えあせう。
 芝海老では高価ですから、焼豚肉、ハム、鶏肉、干海老、干貝柱など何でも有合わのものをお使いください。わざわざ買わなくても、ほんの少しで間に合うのですから、当日の残り物を上手に利用なさいませ。
 湯麺の材料は大抵短冊に切ります。

魚範、牡蠣 005

昭和14年8月25日発行 主婦之友 花嫁講座 第2巻 洋食と支那料理


 
 
スポンサーサイト
2015-11-05 : 食本と昔レシピで味つけね : コメント : 22 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

元祖
横浜の「一品香」が始めたという説が出回っていますが、
コチラの記事を読むと、どうも怪しくなりました。
ニューグランドのナポリタン伝説と似たようなことになってきますね。
2015-11-05 07:53 : 酔華 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-11-05 07:55 : : 編集
Re: 誤字
> 鍵コメさん

ご指摘ありがとうございました。
早速訂正しました。m(__)m
2015-11-05 08:16 : いその爺 URL : 編集
No title
タン麺とチャンポンか
タン麺   ラ-メンの上に野菜炒めが乗ってる
チャンポン ラ-メンと具を煮込んでたべる 煮込みラ-メンの原型かな
私なんかこの位な感じだったな(笑 
2015-11-05 10:09 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
No title
川崎でタンメンと言えば市民は皆「いずま!!」と声を揃えるらしい。
そんなタンメンが戦前生まれの熟女だったとは驚きデス。
今日のランチは冷蔵庫で難民になりかけたの野菜達を救済、野菜タップリのタンメンを作りました。
今も昔も変わらぬ庶民の味方が大好きなのであります♪

2015-11-05 16:20 : せせり URL : 編集
No title
湯麵のルーツって、そういう事なんですかー!
それにしても、いその爺さん、勉強家ですねー
2015-11-05 17:34 : onorinbeck URL : 編集
タンメン熱
ああ、タンメン。
大好きなタンメン。
野菜のエキスがたっぷりとにじみ出た塩味加減の好いタンメンに魅了されっぱなしです。
太めのもちもち麺はルーツではないと思いますが、野菜たっぷりの麺になぜか合いますね。
また熱が上がってきちゃったなぁ。
2015-11-06 03:09 : ぶらくり佐藤 URL : 編集
Re: 元祖
> 酔華さん

元祖店の諸説有りで良いと思っています。
ナポリタンに限らず様々なメニューの元祖も怪しい現実があるようです。(笑

しかし。。元祖問題と歴史って切り離すのが難しのも事実ですね。
そうそう!とんでもない仮説にぶつかりました。
石を投げられそう。。。。苦笑。
2015-11-06 09:01 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
> EGUTI YOUSUKEさん

じつはタンメンも炒めた野菜をスープの中で煮る事があるんですよ。
そこの加減で好みが別れたりします。

タンメン奥深いです。(笑
2015-11-06 09:09 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
> せせりさん

戦前の熟女をたどり震災以前に突入すると。。。
老女の可能性も!(笑

ねえねえ!コメント入れようとしたら、ログインを求められたよ。
?????。
2015-11-06 09:12 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
> onorinbeckさん

まだまだ奥が深そうなのですが。。。。
怖くて踏み込めません!(笑
2015-11-06 09:38 : いその爺 URL : 編集
No title
いそのさん、申し訳ございません。
日に何度も口説くw輩がおりまして・・・yahoo IDを取得してる方のみと規制を掛けさせて頂いた為です。
いそのさんに口説かれるなら本望ですが。笑
2015-11-06 14:27 : せせり URL : 編集
No title
今日は
タンメンは余り食べたことがありませんが、確かに中国ではないような感じがします。
三絲麺にやや似ているかしら。スープが決め手なんでしょうかね。
2015-11-06 17:00 : 相子 URL : 編集
ミステリアスな女性に惹かれてしまうタチですか
チャンポンが福建由来なのは長崎近辺に福建からの移住者が多かったからかなと思います。

タンメンは当時の満州国周辺の湯麺が元になった、と何処かで読んだ覚えがあるのですか、何湯麺なのかまでわからないので、今のところそこで裁ち切れです。
2015-11-06 21:24 : ミサイル超獣 URL : 編集
Re: タンメン熱
>ぶらくり佐藤さん

それが。。。。太めの麺が案外と鍵になのかも?(笑
まぁ 悩むより美味しく食べたほうが良いですよね。
2015-11-07 05:42 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
> せせりさん

いい女の悩みですね〜  って何処にもシツコイ人って居るんだな。
早く解決するのを祈ってます。

コメ入れはなにか手を考えるわ。(笑
2015-11-07 05:51 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
>相子さま

さすが!  大正時代の料理書に三絲湯(サンスータン 鳥その他の絲切汁)って出てきます。
塩で味付け、醤油を少し、非常に似たものです。

なんだか少し近ずいているかなぁ(笑
2015-11-07 06:01 : いその爺 URL : 編集
Re: ミステリアスな女性に惹かれてしまうタチですか
>ミサイル超獣さん

湯豚絲麺?なんて名前もあるようなので気になってはいるのですが。。。
中国に行けないし!(笑

意外と身近で単純なものって気もしてきています。
これも。。。東京ほいんですよ〜(涙
2015-11-07 06:11 : いその爺 URL : 編集
なつかしい
ワシもその昔ちょこっとだけ研究しましたが、文献調査をするなんて思いもよらず… 続報を楽しみにしております (^_^ゞ
2015-11-07 07:06 : とも2 URL : 編集
No title
こんにちは!
「湯麺」
九州にいた時は、ちゃんぽんばっかりで、湯麺は食べませんでしたね~
熊本には「太平燕」なんて春雨バージョンもありますがね…

2015-11-07 15:31 : 淡々斎 URL : 編集
Re: なつかしい
>とも2さん

実地のサンプル調査から傾向を見据えるのが大事だとおもいます。
が、。。。私は文献調査って暗いところしか術がなく!v-406

サンプル収集は美味しそうです。(笑
2015-11-07 21:13 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
>淡々斎さん

そうそう!チャンポンとタンメンって少し似ていると思っていたのが始まりなのですが。。。
いま少し悩んでいます。
とりあえず仮説は立てたのですが。。。。中間レシピが見つかりません!(笑
2015-11-07 21:39 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。