6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

チャプスイの歴史スタートに疑問あり。”ちやぶちい”はチャプスイだろうな?

李鴻章にまつわるチャプスイ誕生についてのエピソードをご紹介します、なんて以前に言っちゃましたね。
その前にとりあえず載せておかなくちゃならないモノがでました。

先ずは李鴻章について簡単に知るのにWikiさんのお力をお借りしましょう
長いし難しいよね。実は私も詳しく勉強はしていないのよ。(笑

とりあえず押さえておきたいのは、
清朝末期の政治家李鴻章<りこうしょう>が、1896年に大使としてニューヨークを訪れた際に食されたとするエピソードと共に語られる"李鴻章説"を起源とされる事が多いのでとりあえず「チャプスイの歴史スタート1896年」とされる事。
1896年(明治29年)にニューヨークに訪れた李鴻章の連れてきたコックが晩餐会にチャプスイを出したなどとされる複数のエピソードが語られているのですが、これ。。。1896年スタートをチョッチ吟味しないといけなくなりました。

先日 摂津国人さんからラーメンからみの情報として教えて頂いた書籍。
社会百方面 乾坤一布衣 民友社 明30.5(1897)」「居留地●●(禁止ワードらしい)記 27年初夏(1894)」の章の横濱の南京町の「飲食店」 
の中に、なんと”ちやぶちい”って記載があるのです。
これスタートより2年早いんだ。 まさにビックリ!?なフライングだよ!(笑

そうそう!この『社会百方面』なのですが、明治27年初夏に書かれている事に注目しておいてください。
この時期はまさに日清戦争が始まる時なのです。
少ない書籍しか読んでおりませんが日清戦争前までは”支那”に親しみと尊敬を持っていた記述が多かったと感じていたのですが、この辺りから”支那”は蔑称化されていくように思えます。差別っていまわしい時代の始まりなのかもしれません。
ここは大事にそして慎重にあつかって頂きたいところなのです。

本日は”ちやぶちい”って新しい記載を資料として載せておしまい。(笑

最後に長谷川伸さんの『ある市井の徒 新コ半代記』から
>そのころの人は南京町に親しみをもっていて、白人諸君のいる街を歩くときと違い、居留地以外を歩いているのとおなじように、安心感みたいのがあったものです。

なんて引用して終わりたいとおもいます。

スポンサーサイト
2015-12-14 : 食本と昔レシピで味つけね : コメント : 11 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

すごい本だ
よくこんな本にたどり着きましたね。
書名で検索してもほとんど出てきません。

>日清戦争前までは”支那”に親しみと尊敬を持っていた記述が多かった

そうですよね。日清戦争からおかしくなってきたんですね。

2015-12-15 08:37 : 酔華 URL : 編集
Re: すごい本だ
>酔華さん

> よくこんな本にたどり着きましたね。

はい、摂津国人さんに大感謝です。
この本、何処か国策に沿って書かれた様な雰囲気を感じます。しかし描写されている風景は注目にあたいいますよね。
他にも数冊教えて頂いた書籍の中から辿ると非常に面白い記述に行き当たり、西洋料理と中華料理の広がりのベクトルの違いがよく理解で、また庶民の食への欲求が垣間見えた気がします。
少し違う分野の本を漁ってしまいそう。(笑



2015-12-15 09:32 : いその爺 URL : 編集
No title
今日は
緊急発信ですね。展開が面白そうです。
資料の字 一所懸命覗き見つけました。書いてありますね。
凄いですね。
2015-12-15 17:03 : 相子 URL : 編集
No title
凄すぎ 料理も調べて行きますと歴史の史実と重なって来るんですね
2015-12-15 18:02 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
No title
講和条約締結の為、李鴻章が宿泊した「春帆楼」は「ふく料理」で有名ですよね!
日本橋三越の地下に、イートインと売店があり、「ふく巻き寿司」がお勧め‼︎
海苔の代わりに、河豚で酢飯を巻いてるんです。
これと、「東京 吉兆」の「鰻の姿寿司」手土産に、誰か来ないかな…(笑!
2015-12-15 23:24 : 淡々斎 URL : 編集
Re: No title
> 相子さま

展開。。。。これ全く考えていません。(笑
なんと言ってもチャプスイは謎だらけなのですよ。

アメリカでも調べている方はいるようですが決定打がないようです。
今回の"ちやぶちい"は大事な記述かもです。
2015-12-16 15:45 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
> EGUTI YOUSUKEさん

料理って軽く見られがちですが、文化文明と密接に結び付いていますよね。
たった150年前に横浜で食べられたモノが分からないなんて悔しいv(>w<)v
2015-12-16 15:48 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
> 淡々斎さん

それ手土産に横浜に遊びに来て。。。v-414
2015-12-16 15:54 : いその爺 URL : 編集
チャプスイ補足
 おはようございます。

 ご存知かもしれませんが、思い出して確認したところ「中華文人食物語 南条竹則」に「チャプスイの話」という章が有りアメリカと中国のチャプスイについて考証していて、そちらでは広東・台山元祖説です。チャプスイにはもともと雑砕と雑燴の2種類があるともしていて李鴻章説も検討しています。
 個人的には最後の詰めが少し甘いと感じる部分も有りますが、南条氏は英文学者・訳者・作家で中国語も堪能で中国料理・文学にたいへん詳しい方です。
      
 アメリカのチャプスイについては書籍「アメリカ食文化」と「アメリカは食べる」に記述が有りました。ただ、これにはいその爺さんの本論にかかわる記述は有りませんでした。

 チャプスイの後身かもしれない「八宝菜」という日本での呼び方は(中国では漬物の意味になる場合もあるらしい)大正6年の物が有りました http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/955425/173?viewMode=。醤油味です。ここで玉菜(キャベツ)が出るのは日本では白菜よりもキャベツの方が普及したのが早いからです。
 大正3年には現在の日本の「八宝菜」と異なる台湾の「八宝菜」http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/937136/220?viewMode=も。
2015-12-17 01:56 : 摂津国人 URL : 編集
Re: チャプスイ補足
>摂津国人さん

ありがとうございます! 早速に発注しました。
到着が楽しみです。

先日 ご紹介頂いた「夜食。。」とてもためになりました。参考文献となっていた「最暗黒の東京」がもうすぐ届きそうです。
以前(継続中ですが。。。)ナポリタンを探していたのですが、そのなかで"洋食は何時頃から大衆化されて行くのか、ここが大きな疑問でした。世に言われてるいるより早いように思えてならなかったのです。
屋台面白いです。今回を機会に東京関連にも探す範囲を広げてみたいと考えています。

何時かナポリタンはまとめてみたい。。。なんて夢を抱いていますが、もっと勉強しないとダメですね。(汗

ありがとうございました。m(__)m

2015-12-17 12:37 : いその爺 URL : 編集
Re: Re: チャプスイ補足
> 摂津国人さん

追伸

"雑燴"なのですが大正~昭和初期?に書かれた料理本のなかでチャプスイの漢字表記に使われいた記憶があるので家に帰ったら探してみます。

すごく楽しみです♪
2015-12-17 12:47 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。