6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

横浜洋食の原点?「インゴ屋」こと「開化亭」の話をまとめてみたよ。

最近は和食ブーム、いやいや日本食ブームってやつなのかしら?日本の加工食品やラーメン等の日本のフィルターを透した食品が注目を集めてるいるみたいですね。

そんなところの原点になりそうな事ををちょっと書きたいのですが、えらく長文になりそうなので先に参考資料として今回はステーキ、ビフテキの話を載せておきましょう。以前にも書きましたステーキのインゴ屋「開化亭」と大衆洋食のお話しです。
インゴ屋こと「開化亭」は明治4年の開業とされていまして様々な文献にその名前を見つける事ができますが、まとまった記載が無いようなのでアチラコチラからかき集めた資料を稚拙ながら繋ぎ合わせて此処に載せて置きたいと思うのです。

「開化亭」は明治4年に関内の相生町に開店をし二年後に関内の大火により不老町に移転をし、昭和初期(震災後?)まで営業を続けていたと言われています。
名物はなんと言っても独特な薫りのステーキと個性溢れる店主だったようですね。

店主の森井平吉は白髪混じりの丁髷を結い「待つのがいやなら帰ってくれ」「おせいじをいいなさんな、うまいのが当たり前だ」といったふうな、つっけんどんな口上を発するため店に付いたあだ名が「インゴ屋(因業)」「いんごう屋」だったそうな。
ご店主は、なかなか頑固なお人であったようで客が催促でもしようなら怒り、待って食うのが旨いのだと一時間くらいは料理を出さなかったようであります。
おまけに店は不定休ときたら、当時の客の苦労が偲ばれてきませんか?(笑

獅子文六の回顧によれば不老町に移転した場所は港橋を渡ってすぐ右側だったとあります『横浜繁盛記』には不老町一丁目(牛)開化亭とあります。店構えは油障子を立てかけてありテンプラ屋のような趣であったそうな。

揚げ馬鈴薯つきビフテキ、素麺のスープ、ライスカレー三種のコースの定食が提供されたとしています。
よほど「インゴ屋」というあだ名が通っていたようで文中では「たしか浪花亭?」と文六先生が店名を記憶違いしているのはご愛嬌としておきましょう。

客は座敷にあがりこみ、料理を食するいわゆるお座敷洋食でありましたが、特に旨かったのがビフテキだそうで、焼けぎわに醤油を入れるのがコツと記されております。
ここ大事なので、平野威馬雄も”しょう油の味を生かしたビフテキの風味と。。。”とわざわざ『横浜今昔』に書いているのを強調しておきたいと思います。(笑

獅子文六が書籍のなかで大田屋の主人と並んでインゴ爺さん森井平吉氏を文化史的価値を有する人物に違いないと評するのは、洋臭を退治した洋食の開拓者 日本的洋食の創始者として後世に名を残すだろう推測としての事です。

ここにおいて、醤油ステーキの発祥は横浜に間違いない!
って、小さな声で言っておきますが。。。歴史は書き換えられるのが常ですからねぇ(笑


明治期に西洋料理を食べるのは一部の富裕層だけであったと発言される方が多いのですが、この「開化亭」は如何だったのだろう?と少し疑問に思えてきます。

ハヤシライスの発祥説で度々名前のあがる医師であり当時横浜で洋書販売を手がけていた早矢仕有的などもインゴ屋に訪れていたという話もありますので、まぁ安くはなかっただろうけれど”あだ名”を付けられ有名になるくらいだからそこそこ収入のある市民には一度は喰ってみたいと言われる位の位置につけていたのではないかしら?
少なくとも文六先生が仰るように、明治の早い時期には渡ってきた西洋料理から日本人好みに変化した”洋食”が存在していたわけですよね。
そうそう「万国チャップ」「真砂亭」と呼ばれた洋食屋さんは獅子文六『飲み食い書く』の中では大衆洋食と書かれてい横浜下町人に人気だったとされています。好奇心旺盛な横浜市民は早い時期に西洋料理から日本人好みに味や提供方法を転換して行った”洋食屋”に親しんでいたのですから、なにも”洋食”は高給取りだけのものでもなかったようです。

”富国強兵”と言う御国の思想と別ベクトルである、”うまいもの食いたい!””新しい文化に接したい!”という大衆の欲求が存在しているのなら、西洋料理を日本人好みの”洋食”へと転換していく過程、歴史を無視してはならぬ断片”大衆的洋食”大衆から発せられた”洋食”の欠片があるのです・(ああ!上手く書けないわ!笑)
そこが横浜という限られた土地であっても食文化としての萌芽は見えているのです。この辺りは次回にもう少し詳しく書きたいと思います。

さて本題の開化亭にもどりまして、獅子文六さんに因りますと横浜の「インゴ屋」は震災で失われたとあるのですが…


「ちぐさ」の親父 吉田衛 横浜昔ばなし⑤
ちぐさアーカイヴ・プロジェクト監修 柴田浩一によりますと、

>開化亭は、戦災で消えるまで不老町にあった明治以来の古い西洋料理屋でした。市役所の先の橋を渡った向こう、角に郵便局があり、その隣にありました。
 むかしから“いんごう屋”で通っている、一風変った気骨ある親爺さんの店でしたよ。店は普通のしもた屋で看板も何もなく、入口の大きな一枚ガラスに。開化亭と書いてあるだけなのです。入るとすぐ土間で一段高くなった処に二帖分位の畳が敷いてあって、ここで洋食を食べさせた。客は勿論座って待っているわけで、「遅いぞ。」なんて注文の催促でもしようものなら、親父が怒るので、みんな静かに皿が出てくるのを待っていました。それで通称「いんごう屋」だったわけですが、美味い料理を食べさせるので、客は絶えなかったわけです。
 相生町一丁目の梅香亭、あれも古くからある洋食屋ですね。<

と、戦災で消えるまで営業されてとされています。

大正2年の生まれの ちぐさ親父さんが関東大震災にあうのは10才の時ですので、どうも文面から察するところでは”親父さん”の記憶は子供のころのものとは思えない気がします。閉店の年代は今一度吟味してみましょう。

そうそう!
暖簾分けか、支店なのか移転なのか定かではありませんが、文六先生が銀座に「因業屋」が在る事を『飲み食い書く』のなかで書き残しておりますが、おそらくは此方の店のことではないかと推察しています。





昭和9年発刊婦人倶楽部付録『家庭で出きる 東京大阪 評判料理』


ー 特製スープ ー

東京銀座 いんごうや

ビフテキとカレーとスープの他は何も賣らない隠豪家の自慢のスープで、日本式に味をつけたとしても美味しい茶碗盛りです。
材料(三人前) 牛の脛肉五十匁、玉葱大半個、西洋人参半本、醤油、鹽、味の素。

拵え方 (1)牛の脛肉は、細かに切つておきます。(2)玉葱は、皮をむいて輪切りにしておきます。(3)西洋人参は皮をむいて、適度の大きさに切っておきます。
(4)水一升の中に前の脛肉と野菜二種を入れて約八時間ほど弱火で煮込み、材料がすつかり溶けるやうになりましたらば、上面のあくを掬つて捨て、布で漉しておきます。
(5)客に出す前に漉し汁を煮立て、醤油と鹽を注し、上がり際に味の素を少し入れ、加減を見て、熱いところを茶碗に盛って出します。




銀座のインゴ屋は”いんごうや””隠豪家”と名乗っているようです。だいぶこなれて因業ではなくなってしまったような感じですね。(笑
ビフテキとカレー、そしてスープだけの提供。”日本式”と言うだけあって”醤油”で味付けされたスープ。
此処は文六先生の記憶を裏づけてくれる資料だと思います。

さて最後になりますが、検索などしていますと一部「開花亭」(化→花)と表記されているのも見受けられるのですが、『横浜繁盛時』や明治12年の『横浜名誉鑑』を写したとする『横浜思い出のアルバム』などには「開化亭」と記されておりますので。。。たぶん「開化亭」で間違いないと思うわ。(笑

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

⬆️写真はあえて載せないけれど。。。。。押せ!って言ってみようかな?(笑

「インゴ屋」さんの事は手元にある資料だけでまとめてみました。以後何か判りましたら書き足して行きたいと思います。
そして、なにか私の知ら事、書籍、何よりも間違いをご指摘下されると幸と思っております。

スポンサーサイト
2016-03-30 : 食本と昔レシピで味つけね : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

いや、ほんと!
マジで読み応えがあって面白かった。
因業オヤジのインゴ屋!
僕なりに調べてみたくなりました。
今でも分家があるのであれば、ビフテキ食べてみたいですねー
あっ、いつも応援してるからね(笑)
2016-03-31 09:24 : onorinbeck URL : 編集
読み応え有りましたよ

現在のステ-キとどう違うのか食べてみたかったですね
2016-03-31 09:44 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
開化亭
不覚に存じ上げませんでした。
浅草の開花楼の麺はとてもすきなのですが・・・・
素面のときに熟読してみます。


素敵なひと時ありがとうございました。

2016-03-31 23:52 : hide URL : 編集
Re: タイトルなし
>onorinbeckさん

いつもありがとうございます!(^^)/

銀座のいんごうやってあまり聴かないですよね。
戦争で消えてしまったのかもしれません。

休みがとれなくて写真在庫が切れました!(笑
写真撮りに行きたくてウズウズしています。
2016-04-01 10:54 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>EGUTI YOUSUKEさん

牛肉そのものは今の方が美味しのでしょうね。
それでも。。。
食べてみたい!(笑
2016-04-01 10:58 : いその爺 URL : 編集
Re: 開化亭
>hideさん

此方こそありがとうございました!
お会いした時に既に出来上がっていて申し訳在りませんでした。
懲りずにまた遊んでくださいね。

今日は桜を見に野毛に行こうと思っています。
お酒は。。。(笑
2016-04-01 11:01 : いその爺 URL : 編集
今日は
昨日は疲れていて、ちょっと覗いて帰りましたが,今日は良く読ませて頂きました。
もっと研究の成果が出てくるのでしょうね。楽しみです。
2016-04-01 11:12 : 相子 URL : 編集
Re: タイトルなし
>相子さま

お疲れですか?無理しちゃだめですよ。

最近は調べた端から忘れていきます。(笑
備忘録代わりにblogを使うって感じでしょうか?
2016-04-02 15:10 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。