6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

鳩待峠〜アヤメ平 熊と雉

初日のルートは鳩待峠からアヤメ平を抜け富士見峠から下り尾瀬ヶ原竜宮を左折 山の鼻まででした。


201607280940200c8.gif



今回の目的地の一つアヤメ平はかつて「天空の楽園」と呼ばれ尾瀬の代表的なウォーキングコースであったそうです。
現在では尾瀬ヶ原にその座を譲りお訪れる人も少ない静かなところだとか。
「天空の楽園」。。。静かなところ? そう聞けばどうしても行きたいでしょ?(笑



P7250045.jpg
アヤメ平

ほんとうに人が少ないの。。。
追い越して行った6人グループとすれ違った二組だけでした。


P7250040.jpg
アヤメ平のベンチ

アヤメ平のベンチに座ってゆっくりと休憩。

流れる雲から姿を見せる燧ヶ岳に見とれていると、後ろから急いだように追い越して行った若い男女6人グループから笑い声と共に。。。
「嘘! 次の小屋まで2時間? 絶対無理! 次の草むらで駆け込むから!」
どっと!笑い声。

何処にでも”雉撃ち”を迫られる不運な奴って居るんだなぁ
私しゃ快調快調。(笑


時計を少しだけ巻き戻し。。。


鳩待峠を出発したのが5時45分くらいであったでしょうか、アヤメ平への登山口は山小屋の裏側 目立たないところにありました。
朝食のお弁当を食べ、出発の支度をしている時に二名の入山を確認しているので、いかに訪れる人が少ないのか想像がつくと思います。

鳩待峠~アヤメ平の往路は標高差370mを二時間半ばかり上ったまさに天空の湿原なのですが、途中森を抜け横田代に入ると背の高い木は富士見峠まであまりなく明るいく緩やかな木道を楽しむ事ができます。

P7250019.jpg

正直、あまりの人の少なさに熊さん出没が怖い。(笑


P7250008.jpg

横田代は少し木が目立ちますが、アヤメ平に入ると一気に。。。


P7250035.jpg

ドーーーン!と視界が開けました。
時々熊鈴鳴らしたけれど、私はそんなに怖くはなかったなぁ~(笑

P7250032.jpg



P7250037.jpg

P7250047.jpg


アヤメ平の出口付近ですれ違ったお方。
写真を撮っていたら、苦笑いしながら戻って来られました。

「イヤァ~ 今日人と会ったのは貴方だけでして、いくら何でも人が少ないので熊が怖い! この辺りで引き返しますよ~」

ですって。(笑


P7250054.jpg


最高の風景一人占めの嬉しさもあるけれど、たしかに熊に出会わないかと何処か落ち着かなくもあるアヤメ平でした。

次に目指すのは富士見峠にある大きな池塘です。


スポンサーサイト
2016-07-30 : 旅先風景? : コメント : 13 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

今日は
何だかとても楽しそうですが?
写真がどれも良いですね。
グループの方のお話が聞こえて安心したでしょ。
2016-07-31 18:50 : 相子 URL : 編集
立ち直りの気配を感じますw
2016-08-01 09:07 : maruto082 URL : 編集
アヤメ平、ほんと素敵なところですねー。
人がいないのは良いけど、確かにクマさんは怖い。でも、こういう場所行ってみたくなりますねー
2016-08-01 09:40 : onorinbeck URL : 編集
これは本当に熊が出るな 斜面を横切るんだな
この空以外遮るものがないって風景が好きなんですよそれと雲を下に見るのもいいんですよ
2016-08-01 09:44 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
ニッコウキスゲを観に一度だけ、もう20年も前の事なのでどの辺りかは記憶にないのですが、行ってるんですよ。
こんな感じだった、建物がなく、空と板を渡した道と、草、虫、なによりも驚いたのが音がない『静か』だったこと。思い出しました。
2016-08-01 22:55 : せせり URL : 編集
To 相子さま
アハハ。。。正直なところ先行してくれたので凄く安心しました。
賑やかなグループに熊さんもどこかに行ってくれるだろうと。。。;^_^)

初日以外青い空が出ませんでしたので貴重な時間ですよ~
2016-08-02 10:14 : いその爺 URL : 編集
To maruto082さん
もちろん!反省会は既に終わり!
あとは楽しむ事だけ考えるようにします。(笑

もっとも。。。
身体の疲れは全くとれません。
やっぱり歳だよねぇ(´д`)
2016-08-02 10:17 : いその爺 URL : 編集
To onorinbeckさん
ここで日の出や夕景を撮ったらさぞかし素晴らしいだろうと。。。
でも、熊さん怖くてそんなに時間に居られませんよ~(^-^;)

尾瀬ヶ原で暗いうちから移動を始めるカメラマンって凄いと思います。
今回も木道でウ○コ発見。。。汗
2016-08-02 10:22 : いその爺 URL : 編集
To EGUTI YOUSUKEさん
ほんとうにスッキリと心が洗われるような気がしました。
できれば夕焼けがみたいなぁ~と思うのですが、暗くなると帰れませんものね。(笑

今年は尾瀬でも熊の目撃が多いようです。
至仏山登山口付近の自然観察園は入場時間を制限して自粛を呼びかけていました。
登山道で見つけたウ○コがデカくてビビりましたよ~(^-^;)
2016-08-02 10:28 : いその爺 URL : 編集
To せせりさん
聞こえるのは小鳥の囀りと風の音だけ。
その静けさを破る熊鈴の音!(笑

今回は熊鈴の音色に拘って探したんですよ。風鈴みたいに高音で涼しげなものにしました。
高音の方が遠くまで届いて効果があるとも聞いた事もあるけれど。。。汗

たまには都会の疲れを癒やしに行くと佳いですよ~
ぐっすり眠れました!
2016-08-02 10:33 : いその爺 URL : 編集
吸い込まれそうな風景が素敵です!
人が少ないのもいいですね。

でもやっぱり熊は怖い~~~

↓の滑る岩。お疲れさまでした。
ひとりだとなにかにつけて折れそうになるのに、
登頂おめでとうございます♪
2016-08-03 11:19 : ちゅんご URL : 編集
To ちゅんごさん
ありがとうございます!

至仏山直登コースは下り禁止なので登らないと帰れません!
心はポキポキ音を立て折れてましたよ~(笑

尾瀬も熊の目撃多数との事で随分と注意喚起していました。
人間が感じて居るより、直ぐ近くにいるような気がしてなりませんでした。
2016-08-04 12:53 : いその爺 URL : 編集
素敵な写真たちですね。
水鏡が美し~♪
2016-08-04 13:49 : くぅ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。