6

ハヤシライス考察 その1 結論は求めずに・・・

カミさんが夜 友人と食事をして帰宅が遅いときは、
“ハッシュド・ビーフ”を作って置いてくれることが多い。

まぁ 手軽に温めて食せるので有難い。

わが家ハヤシライス

カミさんは、必ず“ハッシュド・ビーフ”と言う。
“ハヤシラシス”とは決して言わないと思う・・・・

ハヤシライスとハッシュド・ビーフの違いは何処にあるんだ!?
などと言い出すと又大変なのでここは適当にしておきます。(笑

このハッシュド・ビーフはインスタントのルーから作っているみたいなのですが、
なかなか美味しいですよ。




本日も昭和12年婦人倶楽部五月号付録『家庭西洋料理全集』に
掲載された“ハヤシライスの素”の広告。


ハヤシライスの素

“おてがるな家庭ハヤシライス”のキャッチフレーズと若妻?のイラストが可愛い。
そして、メーカーが・・・

hausu.jpg

「ハウスカレー本舗 大阪 浦上靖介商店」   現在のハウスカレーの前身であろうか?

そして私が気になって仕方がないのが、昔の“ハヤシライス”の味と発祥。
発祥は書き出すとキリが無いにで後日。(笑

味はトマトの酸味が効いた“赤いハヤシライス”が一般的だったような気がするのです。
デパートの食堂のサンプルケース、カレーライスの横には
“赤いハヤシライス”の上にグリンピースが乗せられていたと記憶しています。

私は あの酸味が苦手で小さい頃は“ハヤシライス”が嫌いでした。
何時の頃か“ハヤシライス”は赤い色からブラウンに
変貌を遂げて行ったと感じているのは私だけでしょうか?(笑

昭和12年婦人倶楽部五月号付録『家庭西洋料理全集』に掲載されている
「ハヤシライス」を軽く引用しておきます。


お馴染みのハヤシライスですが、とても美味しいもので、何処でも手軽に出来ます。

材料(五人前) トマト中三個、玉葱大三個、牛肉五十匁、
メリケン粉、バター、青豆、塩、胡椒。

拵え方 (1)トマトは、熱湯をかけて皮を剥き、
なり口を切り捨てて擂鉢の中で潰し、裏ごしにかけて汁を取っておきます。

(2)玉葱は皮を剥いて雨端を切り落とし、二つに切って更に一分位の厚さに切ります。

(3)牛肉は食べよい大きさに切って塩、胡椒をふりかけておきます。

(4)フライ鍋を火にかけてバター大匙一杯を煮溶かし、玉葱を入れて炒め、
次に肉を入れて一緒に炒め、塩、胡椒を少しふつて味をつけ、
前のトマトの汁を入れて弱火で二三分間煮込み、材料に火が通りましたら、
メリケン粉大匙三杯を篩いにかけれ入れ、
粉の粒々があにようにとろりと煮上げ、青豆をパラパラとふつて深皿に盛り、
ご飯に添えて出します。


如何でしょうか?   トマトが結構押してきそうなレシピでしょう?(笑

広告から想像される色もオレンジ色してませんか?
このオレンジ色の上にグリンピースの緑色が映えたよ・・
家庭的なハヤシライスの色は此処に在りだったのかしらなんて想いが巡ります。

“ハヤシライス”色々と興味深いところがあるのです。
ハヤシライスに関しては結論を求めずに、楽しみながら書かせて頂こうかと思っております。

「結論を求めない ハヤシライス考察」 今回は“その1”と言うことで、次回に続きます。


スポンサーサイト
2010-06-03 : 未分類 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
えーーーー
ハヤシライスって林さんが作ったんと違うの??

爺は味噌煮込み苦手なのね(・∀・)ニヤニヤ
元貴にこないだ行って独創的なカレーうどんを食べました。
更に気に入りました。(・∀・)ニヤニヤ
2010-06-03 21:50 : ニーゲム大戸木 URL : 編集
No title
こんにちは♪
お久しぶりのコメントで、ごめんなさ~い(><)

私も、この言い方の違いは、
なんだろう。。。って思ってました!!
とっても、コクがあって美味しそう~~

いつもご訪問&応援ありがとうございます(^^)
なかなかコメントは残せなくなったけど、またお邪魔します♪
2010-06-04 14:36 : BiBi URL : 編集
No title
ハッシュドビーフの方が高級に聞こえる 違うか(笑)

トマトの関係でしょうかね

ちょうど、私の他のブロ友さんもハヤシライスを紹介してました
トマトがきいた方がお好きなようで・・・。

丸善が元祖というけど、元祖が沢山ありそうで
どうなんでしょう (笑)
銀座あたりにいくと謎が解明できそうです
神田グリルあたりもこういう洋食は外せない感じがします

※↓ カミキリ虫、そうそう ゴマダラカミキリと呼んでました!
2010-06-04 16:56 : koh URL : 編集
>ニーゲム大戸木さん

完全蕎麦派だった私が最近ウドンに興味が…
カレーウドン!良いね~

ハヤシウドン…新しいくはあるが…
2010-06-05 13:50 : いその爺 URL : 編集
>BiBiさん

お忙しいそうですね。
ご無理をなさいません様に。

先日 BiBiさんのレシピを見てフレンチトーストを作ろうとしたら…
パンが無かった。
2010-06-05 13:58 : いその爺 URL : 編集
Re: No title
>kohさん

流石ですね。 やはり銀座に一つ大きな解明の力がありますよね。
正直なところ突き詰める必要なんて無いなと思います。

過去を想像して楽しみ、そして今残っているモノを
大事にできれば良いな、なんておもっています。

肝心の、丸善・・・未食です・・・汗
2010-06-05 21:31 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター