6

主婦之友「挽肉シチュー」

先日 アップしました、「挽肉のシチュー」を作ってみました。

一応もう一度レシピを紹介させて頂ます。

「挽肉のシチュー」

簡単にできる洋食です。学生さんのお客様などには、殊に喜ばれます。

材料
 五人前として、牛豚半々の挽肉八十匁、馬鈴薯二個、西洋人参一本半、
 青豆(グリンピース)小1缶、トマトソース二合。

作り方
 馬鈴薯と人参を二分の賽の目に切って、茹でておきます。
 鍋にバタをひいて、玉葱のみじん切りを充分炒め、次に肉を炒め、薯、人参、青豆を一緒に入れて、
 手早くまぜ、トマトソースを加へて、塩、胡椒をたします。

 若しシチューの汁が足りなかったら、青豆の汁で、メリケン粉をといて入れます。

 寒いときは、これを火鉢にかけておいて、できるだけ熱いところを、
 おすすめしたいと思います。

 尚ほ、これはうどんを入れて、煮ながら頂きますと、とても美味しく、
 御飯がわりともなり、寒い夜の何よりの御馳走ともなりませう。


我が家で必要としている量は三人前ですし、いちいち計量も辛いので、アバウトな感じで作らせていただきました。

名称未設定-napo自作

まんま、ミートソースですがな。。。

最近 歳のせいかカレーなども小麦粉を使ったルーが少々重く感じられ、
トマトソースを作る時に割愛させて頂いてしまい。。。
おまけに 挽肉は量が多めですわ。。。

結果

メート土鍋

さっぱりしたミートソースにグリンピースとボイルしたジャガイモが、
入っているだけかな?

ミートソースとジャガ、グリンピースは愛称良いです。
トマトの酸味が効いていており これはこれで良い感じ。

ひとつ大事なのは、この時代は殆んどニンニクがレシピの中に登場しないのですよ。
なんと、支那料理の餃子にさえニンニクはおろか韮さえ今の所みつけられないのです。


土鍋に移した残りは、
パルミジャーノ・レッジャーノをすりおろしたものと、
ニンニクを炒めたオリーブオイルをて加えてみました。

名称未設定-ミート2

我ながら美味いスパゲッティミートソースです~

ついつい面倒で市販のミートソースルーを使用してしまうけれど。。。
15~20分間カットトマトと玉葱、人参を煮て濾すだけで(今回はあえてニンニクは不使用)
トマトの酸味の効いたソースに仕上がる事を再認識いたしました。

やはり、面倒と思う心は料理にはタメになりませんねー

挽肉を炒めるときに、かき混ぜずに肉がパラパラにならないよう焦げ目を付け、
(ヘラでギュと押し付けたり)肉を塊に仕上げるのがコツのような気がしますよ。。。





スポンサーサイト
2009-11-01 : 食本と昔レシピで味つけね : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター