6

京都 圓徳院 

出張というのは仕事の終わりがうまく調整できない、人を待たせてしまう憂き目に遭うこと度々である。

今回の出張は珍しく社長のお供という重い荷から解かれ、一人での京都訪問と言う事もあり、
ゆき乃に送ったメールには“夕方仕事が終わったら店に行くから・・”と書いておいたのだが・・

御一見さんはお断り と言われる事の多い祇園ではありますが、それは最近の不況のせいもあり 
旧い御茶屋も店の入口にカウンターを設け、気軽に呑める雰囲気を醸し出している処が多いのです。
このカウンターなら、私の様な“給料取り”も少し背伸びをすれば、一晩くらいは呑めないこともない、
何時も京都出張の度に、ゆき乃に店を休ませてしまうせめてのと罪滅ぼしのつもりで
彼女の勤める店に出向くつもりでありました。

しかし、
“お気持ち嬉しく思いますが、いそのさんが京都にいらしゃいます時は、私は御店はお休みと決めております。
お仕事が終わりましたら、御一緒に ごはんたべしましょ。  ”
などと返信をもらうと、
彼女の想いのまえに暫く頭を垂れる気持ちにさせられる自身を見つける様な気持ちとなってしまうのです。



仕事の終わりが算段できないのは 自身の能力の欠落からくるものであるのは言い訳がきかぬ。
仕事の付き合いも無視できぬ・・・

そんな約束の時間が過ぎても、解放されぬもどかしさのなかにメールが届く。

“お忙しいようですね。 私は大丈夫ですよ。
圓徳院さんの北のお庭で紅葉を楽しみながら、お待ちしております。”


PB210295-2.jpg

圓徳院は、秀吉の妻、北政所ねねの終焉の地として知られる 東山の寺院である。

早足で、観光客が夕餉を終え そろそろと宿泊処に戻ろうかという人混みを避けながら圓徳院まで向かう途中、
こんなに遠かっただろううか?などと考えて居る自分が何故か滑稽であり、また愚か者であろうかと思えてくるのです。


PB210313-2.jpg


息を切らせながら、北庭の縁に到着すると、
縁の端に今しがた其処に来た様に膝をおり座っているゆき乃がいます。
紅葉というには早い庭の木々に映える 渋い柿色の着物が美しい、
何人かの観光客が遠巻きに彼女を見ているのもなんとなく納得できてしまう。

「遅くなってごめん・・」
「いそのさん 早すぎましたよ、紅葉は未だ未だでしたねぇ
いそのさんが京都に来るまでは、色づかないように私がお願いしてたのが良くなかったかしら・・」


PB210320-2.jpg

清水寺の門前の土産街もライトアップが終わり、点々と灯りが消えていく時間。
どこと無くつれづれに歩くのも毎年の恒例となった気がするのだが、短い一時飽きる事は無いのであります。


PB210335-2.jpg


鴨川の湖畔を歩き、遅い夕食を二人で過ごします。


IMG_1909-2.jpg


何時もの鴨川を望めるバーを訪れ、静かに流れるスタンダードなジャズに耳を傾けながら、
短い一時を過ごしていますと・・


名称未設定 1のコピー

何処か夢の中に落ちて行く様な気分になっていくのであります。
それはそれで良いのかと想いながら・・・・



カッカッカッカッ!!!
ご近所に木霊するかの様な腹叩きが聞こえ、
「朝よ! 仕事に遅れるでしょ! 起きなさぁ~~~い!! 」とラッコが怒鳴る声が聞こえる。
五月蠅せぁなぁ・・・

あっ! おはよう御座います。  いその爺でございます。
なんだか良い夢を見ていた気がします・・・・ヨダレがたれているし・・・

嗚呼  今日も仕事か・・・フン! このまま・・夢の中に居たい・・それが幸せ・・・
それでは、しょうがないから今日も仕事に行ってまいります。


そうそう! ゆき乃の事をご存知で無い御方は此方をどうぞ。(笑



スポンサーサイト
2011-12-19 : 未分類 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

いいなぁ
私も、夢でいいからこんな体験をしてみたい…
2011-12-20 05:55 : 酔華 URL : 編集
あ、お嬢の手 発見 !!
しかも鴨川を眺めながらだなんて ヽ(`⌒´#)ノ ムキーッ

それにしても綺麗な夜景ですね
時間の調整がとれなくて只今我慢中の京都
仕事なんぞほっぽり出して行きたくなってしまいました v-406
2011-12-20 07:48 : 小径のヌシ(^-^) URL : 編集
京の夜は更け行く・・・・。

是非、この続きを・・・野暮ですね。
2011-12-20 08:41 : daniel mama URL : 編集
描いてみたいが
こんな素敵な夢を描けるなんて。真似をしたくても出来ません。でもさりげなくデイトの思い出を夢の如くにね、アップ出来たらと思って仕舞いました。
舞台には沢山を写真をためて置かなくはね。こちらは無理無理。残念です。
2011-12-20 09:57 : 相子 URL : 編集
負けた
もう 負けた 最後まで行ってラッコさんが出てくるなんて
すごい・凄いと思って読んでいたのに泡沫の夢とは

そう夢見るのは自由なのだ、私も何か夢見て見ますね
2011-12-20 15:26 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
アタシの妄想とえらくちがう・・・
アタシは妄想の中でまで仕事してるというのに
いその爺様ったら・・・。

2011-12-20 20:01 : にっき URL : 編集
殿、御戯れが過ぎますぞ!
あれ、今頃、圓徳院へ行ってきたの?

え、この、この、この~~~殿~~~(笑)
いその爺さん、またゆき乃といい所に行ってたのね
お庭が綺麗!、その手が綺麗!

そんな可愛い芸子と静かな京都に行って見たい・・・あはは
2011-12-20 21:18 : メタボ夫婦 URL : 編集
Re: いいなぁ
>酔華さん

夢なればこそ・・・・・
夢だけのこと・・・・・   v-406
2011-12-20 21:26 : いその爺 URL : 編集
Re: あ、お嬢の手 発見 !!
>小径のヌシさん

妙齢過ぎる女性でありますが、綺麗な方ですよ~  (笑
旧い友人と呑んだときに出演許可を頂き撮影しておきました。
・・・・・場所は横浜よ(笑

京都レポを楽しみにしています。
2011-12-20 21:30 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>daniel mama さん

夢って、これからという処で目が覚めます。
なんでだろうね~ v-409

2011-12-20 21:35 : いその爺 URL : 編集
Re: 描いてみたいが
>相子さま

相子さまのデイトの夢、お聞かせ頂きたいです。
どのようなラブロマンスなのかしら・・・・・v-398

あっ! この夢は本当に“夢”なんですよ!
ラッコが見ていますので・・・・・・本当に夢ですよ~v-404
2011-12-20 21:40 : いその爺 URL : 編集
Re: 負けた
>EGUTI YOUSUKEさん

ほんと夢ぐらい自由に見せて頂きませんと・・・
現実に立ち向かう勇気が失せてしまいますわ!(笑

EGUTIさんの夢が良い夢でありますように。
2011-12-20 21:43 : いその爺 URL : 編集
Re: アタシの妄想とえらくちがう・・・
>にっきさん

それは、私が勝手に想像するに・・
にっきさんが“夢”に近い処でご苦労なさっているから・・
なんて想ってしまうのですが・・v-398

夢みれば 苦労多くも幸多き    いその爺 v-402
2011-12-20 21:50 : いその爺 URL : 編集
Re: 殿、御戯れが過ぎますぞ!
>メタボ会長

会長お待たせいたしました! ゆき乃との久しぶりの再会で御座います~v-344
ああっ 良い夢を見せて頂きました!(笑

綺麗な手は、ブライダルメークをしている旧い友人に出演して頂きました。
流石、美容関係の仕事をしていますので、歳に似合わぬ美しさで御座います。
あっ! この方・・・友人の奥様ですわ!(笑
2011-12-20 21:56 : いその爺 URL : 編集
えらいリアルな夢ですね~
きっと色々とご経験がオアリなんでしょうね!
私まで夢を見てしまいました…

それにしても写真が素晴らしい。
こころが映ってますね。
2011-12-21 13:32 : ちゅんご URL : 編集
いつも…
ちらりと覗き見をさせていただいております。

駄目ですよ、純な老人を引きずり込んで弄んでは…
鼻水 涎が落ちたのが気がつかなかったです。

連載でいくんでしょyかね~    芸妓さんの顔が…のっぺらだ~
わたしも今夜続きの夢の仲間入りをさせてください (笑)
2011-12-21 15:11 : hiro URL : 編集
Re: タイトルなし
>ちゅんごさん

天地神明に誓って“色々な経験”はありませ~ん! v-395
願望は? と聞かれたら・・・・・ご想像に任せます。(笑

夢ぐらいは、自由にみさせて頂きましょうね。v-343
2011-12-21 22:40 : いその爺 URL : 編集
Re: いつも…
>hiroさん

夢の続きは・・・できる事なら最後まで見たいと想うのですが・・
それも少し怖いような気がしています。(笑

あっ! ゆき乃は・・・・小顔で切れ長の眼をした・・美人ですよ~v-413
2011-12-21 22:45 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター