6

ナポリタンの元祖は「Chef Boyardee Spaghetti & meatball」スパゲッティ缶詰

最後のピースをはめたと申しながら、一つ大事な事を話そびれておりました。
今だ未食にて、食してからと思っていたのですが、四方探しましたが現状では横浜では手に入りそうに無く、食べてからでは時期を逸してしまいそうなので、見切り発車いたす事にしました。

世界には様々な缶詰がありますが、皆様は「スパゲッティ缶」ってご存知でしょうか?
そうそう! 昔 洋画でアメリカ兵が、缶詰からなんか食べていたシーンを見た記憶がありませんか?
あれですよ!(笑
あの軍事用缶詰(Cレーション)にもスパゲッティが存在していました。
>ナポリタンの原型はスパゲッティ・ミートソースと目されるが、その大元はイタリアのボロネーゼだ。
これがアメリカでミートソースに変身するのだが、その生みの親がヘクター・ボーヤルディという人物。
彼は1914年にアメリカに移住し、27年にオハイオ州クリーブランドでレストランを開業。彼のパスタは評判を呼び、特にトマトソース味のスパゲッティは人気だった。
ボーヤルディーのスパゲッティはボロネーゼをアメリカ人の好みにあわせて味をアレンジし、トッピングにミートボールが乗せたものだった。そして彼のスパゲッティーとミートソースは商品化され、一般へと普及していく。
 最初イタリア料理は移民の多く住むコミィニティに限定されたが、異国情緒や好奇心によって1930年代にスパゲッティはアメリカ人にとって馴染みの存在となり、アメリカ軍もレーションとして導入。
これが終戦後、日本へと伝えられる。
<以上

このヘクター・ボーヤルディ氏が販売した“スパゲッティ缶詰”が私の探している“ナポリタン”の、元祖でありアメリカにおける“スパゲッティ イタリアンスタイル”の初めだと思うのです。
(翻訳サイトリンクをつけました、英語がご堪能な方は自前でお願いいたします。笑)
この缶詰は現在でもアメリカで売られておりますし、欧米各国で他メーカーも類似缶詰を販売していますよ。
アメリカ、ニュージーランド、フランス、イギリス、オーストラリア、なんとイタリア!(笑


Chef Boyardeeの本名は“Ettore Boiardi”(英語がご堪能な方は自前でどうぞ。)イタリア系移民です。

本日の大事なところは、この缶詰の中身です。
“スパゲッティ缶詰”と検索されると、様々な感想が聴く事ができます。
その後、“うどんのトマト煮”のレシピを思いだして頂ければ幸いです。
>材料=うどん五玉、棚葱一ニ個、バタ大匙三四杯、牛肉三十匁、
トマトケチャップ、塩、胡椒、醤油。

調理法=牛肉を細かく切って、塩、胡椒をふり、バタでこんがりといため、
玉葱も同様細かく切つて、いためておきます。
うどんは、うどん屋から茹で上げたのを買います。
乾しうどんなら茹でてよく晒し、笊に揚げて、水を充分にきつたところで用います。
これもバタで一寸いため、前の肉と玉葱も一緒に入れ、トマトケチャップを加へ、
塩、胡椒と少量の醤油で、味加減をします。
西洋料理に醤油は変だとおつしやるかも知れませんが、
日本人の口には、やはり醤油に入つた方が、喜ばれるやうです。
これはマカロニを使うべきところですが、うどんでも随分美味しく頂かれます。

<以上   昭和4年のレシピです。
西暦1929年となるのでしょうか?

この時代、現在の私達が思うほどアメリカとの距離は遠くは無かった、と申し上げておきたい。
そのためには、日系移民の歴史を紐解かなければなりません。
イタリア移民の歴史、日系移民の歴史そんなところからナポリタンの必然性が浮かび上がります。

そのために少し時間が必要となりました、しばらくの間わがままなブログ生活を過ごす事をお許しください。

そうそう! Chef Boyardee缶詰には“ミートボール”と書いてある事を示しておきたいです。
“ミートソース”では無いのよ。
そう言えば・・・・・ニューグランド説が出てくる前は・・・ミートボール説が有力だったなぁ~
ちょっと悩ましいところ、そこがまた楽しいと思います。 どうか皆様も推理をお楽しみ下され。(笑


スポンサーサイト
2012-12-22 : ナポリタンの“謎”を追え : コメント : 9 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

へえ~
スパゲッティの缶詰があったんですね。
そのほかも初めて聞く名前や話・・・
なかなか面白いです。
今後の解明が楽しみ。

Chef BoyardeeのHP、いいですねぇ。
2012-12-23 06:25 : 酔華 URL : 編集
スパゲッティの缶、こちらのスーパーで売ってますよ~。
でもあまり美味しそうでない写真つきで。(笑)
今度リポートしますね。

ナポリタンの歴史、お疲れ様でした。これからも続けてください。
きっと思いがけない事実が出てくるかもしれませんよ。

2012-12-23 06:29 : daniel mama URL : 編集
ううっ…
スパゲッティの缶詰め…ワシの中では、口に入れることができる缶詰めで最も「いずま」なモノです。

海外のスーパーではごくフツーに売っているので、数年おきについうっかり買ってしまうのですが…常に最大限の後悔をします。
2012-12-23 22:49 : とも2 URL : 編集
Re: へえ~
> 酔華さん

ちょっとフライング気味の記事なのですが…
スパゲッティ缶詰は現状日本では手に入り難いようなので、思いきりました。f(^_^;
昔 アメリカ人が多かった頃は、横浜でも売っていたかも知れませんね。
 味は…(-_-;) みたいです。(笑)
2012-12-24 12:18 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> daniel mamaさん

缶詰リポート、是非お願い致します。
ただ…お味は日本人には不評なようなので、最低限の購入にして下さいね。(笑

ナポリタン探しは、まだまだ続きます~
2012-12-24 12:46 : いその爺 URL : 編集
Re: ううっ…
> とも2さん

あはは! やっぱり!(笑
いろいろ所を覗いても、日本人には大不評でした。

でも、各国でコピーされて売っていると思うと、不思議です。
イタリア人に食べさせたら、なんと言うか…
そこに一つのナポリタン名称解明の可能性を感じています。(笑

一度に食べてみたいものです。
2012-12-24 12:52 : いその爺 URL : 編集
いその爺さま

Merry Christmas~*
素敵なクリスマスを~^^v
2012-12-24 22:10 : マムチ (TAKA) URL : 編集
Re: タイトルなし
>マムチさん

メリークリスマス!  v-411
2012-12-25 21:22 : いその爺 URL : 編集
明日のテレビ
ナポリタン史にとって何の新しい発掘も無いのですけれど、仕事に対する誇りが溢れている洋食屋さんを放送で見られるので番組の紹介です。
NHK教育「団塊スタイル」の番組。タイトル「夫が大道芸で再出発」(12月21日放送)が明日26日(金)11時~11時45分迄放送されます(再放送です)。
 前半はなぁんもナポリタンには関係が無く、後半15分でその話題になります。紹介して良いのか?どうか?と迷いましたが、たまたま見ちゃったものはしょうがない。
http://www.nhk.or.jp/dankai/bangumi/num037/index.html
 対不起、メートルが…上がってす。
2012-12-27 22:36 : はってばって URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター