6

「ナポリタン発祥 東洋軒、三越説」に書き換えいたします。

以前に“ナポリタン東洋軒発祥説”なんて記事を書いてます。
正直申せば、このなかで取り上げていた“ナポリテーヌ発祥”には少々疑問を持っていました。

フランス料理のナポリテーヌを、戦前にホテルやフランス料理店で提供していても、それはどうしても“フランス料理”なんだよね。何処で初めて出してもフランス料理から踏み出さしていない・・
“日本独自の料理”と定義されている、ナポリタンには変化していないんですよ。
俺たちの喰ってるナポリタンぢゃ無いだろう?そんな感覚。
ニューグランド発祥とされた、ナポリタンに疑問を抱いたのと同じ感覚が付きまとってしまうのよね。

そんな「東洋軒」なのですが、少々気になっていたので調べてみると、日本で最初にパスタを紹介した歴史があるようです
これ日本イタリアンの歴史&本牧ピザの歴史も載っていて必見。

最近、「東洋軒」が古川ロッパがナポリタンを食べたと言う「三越特別食堂」に出向していた事実を教えて頂きました。
出典が明記されていないのが残念ですが、これは興味ある事です。

当然 フレンチナポリテーヌのレシピを持つ「東洋軒」が「三越特別食堂」を通じてナポリタンを提供していたら、其処に大衆化への一歩を踏み出していると言ってよい気がします。

東洋軒→三越→婦人誌、なんてストーリーが自然に描かれてくるのです。
うん! 良いんぢゃないの! 「ナポリタン東洋軒、三越発祥説」なんて一人納得。

この「東洋軒三越発祥説)を中心に、そろそろナポリタンの歴史を戦前にまで押し上げ、“諸説あり”に戻してもよいと思うのです。

えっ? ここまで来ても“諸説有り”なのかって?

未だイタリアンの事も残っているしね。(笑
いつの間にかウィキペディアから消えてしまった“諸説”の具体的な記述。
煉瓦亭のイタリアン、船乗り説、海軍説、もう一度陽の目をみる価値は十分にあるし、諸説の方が話題があって面白い。
先程の「日本のイタリアン100年史」や“戦前の日本洋食に与えたアメリカの影響”なんかにも言いたいことあるしぃ~ (笑


チョイと読書を優先の日々が続いてしまいました。 ブログ友達の皆様には不義理をいたしています、ごめんなさい。

と言いながら・・・次回も此のネタ?(笑い

スポンサーサイト
2013-06-18 : ナポリタンの“謎”を追え : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター