6

戦前の米国風料理とトマトケチャップ 煉瓦亭の事

自宅で作ったスパゲッティーを喰いながら、考えてみた。





君は、ボロネーゼなんだろうか? ミートソースなんだろうか?」
まぁ・・作った本人が何を作ろうかと思った事が、一番大事ってことにしておきましょうか。(笑
フランスの友人に頂いたチーズが美味しくて、これならチーズだけで素のスパを和えても良かったぜ!


今日は以前から引っ張っていた、戦前のアメリカ風料理&ケチャップの存在を示す文献紹介って事になりますが、
その前に・・・(笑 ほんとにツベコベツベコベ五月蠅い爺だよなぁ~

西洋料理ってのは、西洋より伝わり日本でアレンジされていない料理のことをひとまとめに総称することが多いって事と
洋食と言っちゃうと、広義では西洋料理を含むけれど、日本で独自に発展した西洋風の料理を指す事が多いのをご理解頂きたいと思います。
移民国家であるアメリカの料理は、フランスやらイギリスから伝わってきても、アメリカと言うフィルターを通って来ると、アメリカ風やら米国式って表現をされます。
まぁ・・元はイタリアでもフランス経由かアメリカ経由かって細かい所の問題に拘っている、小さい奴なんですが・・汗



先日載せました、ロッパ先生のお気に入り、戦前に在ったアメリカ式ランチ店を書き出してみます。
「不二アイス」 「アスター」 「オリムピック」 「星製薬のキャフェテリア」

後は前回に御紹介した此方の本から、抜粋をさせてもらいます。

IMG_9488.jpg

先ずは私も へぇ~と驚いてしまった、フレンチの殿堂と思っていた帝国ホテル。
>牡蛎の殻焼
東京日比谷 帝国ホテル

アメリカ風の牡蛎料理ですが、その風味のよいことは殆ど萬人向きといつてよい程、誰方にも賞味されます。
 材料  牡蛎・・・トマトケチャップ・・ 



やっぱり チャプスイはアメリカ料理って考えてよいかしら?

>チヤプスイ・ライス
『東京丸の内 キャッスル』
支那風のアメリカ料理を日本人の嗜好に適するやうに工夫した当店独特の自慢料理で・・・・


後はケチャップが、昭和初期に実際に店舗で使用されたかって事の疑問の答えとして載せときます。

>鶏の肝臓ライス
『不二家』
材料 ・・トマト大一個、メリケン粉、バタ、トマトケチャップ・・・


>オムレツ・ライス
東京日本橋 高島屋食堂
材料・・・トマトケチャップ


大阪では、
>若鶏の焙焼
大阪心斎橋筋 大丸食堂
材料 ・・・トマトケチャップ・・

そしてトンカツ屋でも!
>トンカツ
東京丸の内 ども天
材料 ・・・ウースターソース、トマトケチャップ、西洋辛子。


最後に・・
>生牡蠣料理
大阪朝日ビル アラスカ

備考  尚西洋料理の食卓には、各々別の器にトマト・ケチャップと、ソースとがありますから、お好みによつて自由に調理して食べます。


西洋料理店では、卓上調味料としてソースとケチャップが置いてあるのは、昭和9年付近では不思議な光景ではなかったようです。


当時の人々は、アメリカうまれのトマトケチャップに 西洋文化の香りを感じていたのではないでしょうか?

そして少々気に留めておきたいのは、トマトケチャップって何者かって事なのです。
メーカーから市販された物だけをケチャップって言うのかしら?(笑

トマトケチャップレシピが 婦人誌にまで掲載されていた事を思い出して頂ければ幸いです。
高いモノは自作せよの精神?(笑

ここで砂糖と言う調味料が存在している事を記憶に留めていて貰えると。。。。
結局は。。。<u>此処に繋がるかしら?(笑>

銀座の煉瓦亭のイタリアン、たしかにピューレから作られていると思われますが、砂糖(甘味)を加えてあるんだよね。
(トマトケチャップもピューレから作るんでしょ?)
もしかしたら、これもケチャップ(初期)なのかもしれないなぁなんて一人想像を楽しんでいます。



スポンサーサイト
2013-06-22 : ナポリタンの“謎”を追え : コメント : 9 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-22 17:46 : : 編集
会社でも同じソースを出荷先に応じて、
商品名をボロネーゼやミートソースと変えています。
高級感のあるグルメ通販ではボロネーゼ。
一般的なカタログギフトではミートソース…

深く考えたことはなかったです。
2013-06-23 06:30 : ちゅんご URL : 編集
お早うございます
イタリ―12日間のツアーでナポリタンのようなパスタは一度も食べたことが無かったような気がします。
ナポリでは海鮮タップリの細いパスタでしたね。美味しかったです。
日本で有名なイカスミパスタはベニスで食べましたが、不味いこと。そんな記憶です。
話題が逸れて済みません。
2013-06-23 10:23 : 相子 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-23 14:38 : : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-23 15:54 : : 編集
Re: タイトルなし
>ちゅうごさん

発掘されていない洋食史の奥深い事ったら・・・
私もタジタジです。
詳しくは次回記事で・・・汗
2013-06-23 23:21 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>相子さま

いろいろ鍵コメ送ってすみませんでした。
詳細は次回記事でみて頂けると嬉しいです。
2013-06-23 23:22 : いその爺 URL : 編集
Re: 參考資料
>鍵コメさん

驚きました。次回記事にて御返信とさせて頂きたいと思います。
そして、心より感謝しています。
2013-06-23 23:25 : いその爺 URL : 編集
Re: 独り言・・・
>鍵コメ先輩!

近日中にメール入れます!
たぶん参加できると思います!
2013-06-23 23:26 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター