6

ナポリタンとカニクリームコロッケから思う事。 「グリル桃山」と「東洋汽船」

1933年創業 四代続く老舗 伊勢佐木町「グリル桃山」さんに食事に行き 少し考えてしまいました。



私は子供の頃、不二家や野澤屋の食堂では無い、町の洋食屋さんに連れていって貰った事を今でも覚えています。
「有隣堂地下レストラン」「グリル蛇の目?」「レストラン小西」 そして「アラモード・キッチン」。
そんな洋食屋に連れていってもらえると、何故だか少し大人になった様な気がして少々有頂天だった、そして緊張しながらナイフやホークを使った事を覚えています。

002_20130702205026.jpg
自家製のマヨネーズが付いて来た、なんだか久しぶりに食べたなぁ~

昔は街の洋食屋さんはハイカラで、大人が食事に行く場所だった。
そんな大人の場所に連れて行ってもらえた子供は真剣に飯を食った。 
よい子でいないと次回は連れてってくれないのは明白な事実だったからね。(笑

店内を子供が走り廻る風景が、当たり前の様になったのは、ロードレストランの悪しき産物だと思う。


003_20130702205030.jpg
やはり久しぶりに食べたデンデン虫(笑 白ワインでラッコと乾杯


そんな思い出深き私の“洋食屋さん”の全てが、
初めて食べた海老のカレー、卵が乗ったジャーマンバーグ、ステーキと言う名前に釣られて頼んだミニッツステーキの薄さに泣いたあの日・・・・
そして天にも昇りそうな気持ちになったタンシチューの軟らかい食感。 そんな思い出と共に現在では暖簾を下ろし幕を閉じてしまったのです。

それ以来 私の“洋食心”は何処か行き場が無くなっていたような気がしていました。


005_20130702205033.jpg
あれ? ソースが下にひいてあると思ったのですが・・・・


私が聞いた話では、桃山さんの初代は「東洋汽船」の出身だそうです。
「東洋汽船」というのは、1898年(明治31年)それまでは欧米各国に独占されていたサンフランシスコ航路を「日本丸「香港丸「亜米利加丸」という豪華客船をもって運行をした船会社。

老舗って背負ってるものが重くて大変だろうと思います、時代が変わっても守らなくてはいけない顧客とレシピがあるんだもんね。
東京に遊びに行って老舗洋食店やトンカツ屋でカツレツを頼むと、今でもサラッしたウースターソースが出てくるでしょ、時代が変わろうと古き良き伝統を守り通しているんだよね。

この店には、それが未だ残っているよ。

006_20130702205035.jpg
あっ 別添えで提供して下さっているんですね。

濃いブラウン系のソース。 
クリームコロッケの下にひくソースがオレンジ色のデミになっちゃったのは、資生堂パーラーの影響なのかしら?
現在は多くの店がオレンジ色のソースになちゃった様な気もします。
(銀座の煉瓦亭は除きます。ここは頑固なまでの昔レシピが嬉しい。)

じつは古い歴史をもつ資生堂パーラーに“ミートクロケット”がメニューに乗るのは昭和6年だった筈、桃山さんのレシピは 創業以前に初代が修行していた時代から守られているのかもしれません。
旧い歴史を持つ店に行くときは、そんな事を想いながら食べると一層美味しいモノですよ♪


004-2.jpg
昭和的ナポリタンでは無いけれど、それ以前の歴史を背負っているのか?

気になって仕方がないナポリタン。
「東洋軒」が魚貝類を入れてナポリタンを世に送り出したのが最初なら、確実に受け継ぎ守ってきたレシピがあるはずです。
ホンワリと遠くに甘みを感じる酸味が心地よいトマトソースで作られたナポリタンは、まさに淡々として美味しかった。

じつは東洋汽船が客船部門を切り離し、日本郵船と合併したのは大正15年の事です。
桃山さんが開店したのは昭和8年です・・・
その間何をなされていたのだろうか? どこかで食の仕事に就かれていたのではないだろうか?
そんな疑問が湧いてきます。
創業当初の店名は「オリンピック」だったとか・・・
銀座にロッパ先生が紹介してくれた「オリムピック」なる店が存在していた事を思い出してしまいました。
嗚呼 「いその爺ぢゃ。 ちっと尋ねたい事があるんぢゃが 良いかな?」
と訪問する勇気が・・・・・

久しく近所の洋食店で見る事の無かった、タンシチューとテールシチューがウィンドウから此方を見ている気がしたわ。
次回は奮発して30年ぶりにテールシチューを食べようか?(笑


スポンサーサイト
2013-07-02 : 横浜橋 伊勢佐木町付近 : コメント : 13 :
コメントの投稿
非公開コメント

エスカルゴ食べたい~~~
変らぬメニューと内容と言うことですね。
基本はキチンと守られていることでしょう。
ここで少し気になるのはガルニですね。
この20年ほどで随分変わって来ているように感じます。
ソースの変化もそうではないでしょうか。
2013-07-03 12:03 : 相子 URL : 編集
イソノ爺さんは子供の頃からグルメだったんだ。
私なんかラ-メン・ワンタンきりだったよ
ハーピ-のラ-メンが懐かしいな
2013-07-03 13:13 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
わお、いその爺さんは子供の頃から、こんないいレストランに
行ってたのですか
そりゃ、本物の食通のはずですね

神戸にも日本郵船・欧州航路のコックだった人がやってるお店が分かりました。
伊藤グリルと言って、大正12年創業の店がまだ頑張ってます。
なかなかな値段なので、準備して行ってみようと思ってます。
2013-07-04 06:55 : メタボ夫婦 URL : 編集
有隣堂の地下のレストラン、なくなっちゃたんですか? 
高校生のときに大人になったら、ハードカバーの本を買って、
そこでサンドイッチを食べるんだ!なんて思って数十年。
もう出来ないんですね。なんだかせつない。

アラモードキッチン、頭の隅に、行ったことがある記憶がかすかにあるのですが、
思い出せません。
2013-07-04 08:19 : daniel mama URL : 編集
Re: エスカルゴ食べたい~~~
> 相子さま

エスカルゴ 久しぶりに食べました。
バジルソースでさっぱりした味に仕上がっていましたよ♪
昔はガーリックの効いた味が多かった気がするのですが…
2013-07-04 10:38 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>EGUTI YOUSUKE さん

そんな何時も連れて行ってもらったわけぢゃ無いですよ(笑
たまの事なので、よく覚えているんです。
父は洋食か中華が好きな人でした。
2013-07-04 10:44 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> メタボ会長

伊藤グリル、ロッパ先生は海老コロッケをご紹介していますね。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001558/files/52325_46422.html
神戸は文献が沢山残っていて羨ましいですよ~
2013-07-04 11:28 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> daniel mama さん

アラモードキッチンは野澤屋の裏に在りましたよ。
少し値段は高かったけれど、美味しい店でした。

神奈川新聞の一面に何時も小さな広告が載っていました、
タンシチュー有名でした。
2013-07-04 11:33 : いその爺 URL : 編集
お~感激!
ロッパ先生を教えてくれて有難うございます。
こんなに三宮や元町が詳しく書かれてるなんてビックリ!

伊藤グリルの近くで、皮の旨い豚まんと言えば今の老祥記、間違いないです。

僕が高校生だった頃、旨い豚まんの店があるからって
友達に連れて行って貰ったことがあるのです。
ほんと路地で汚い感じの店だったけど、旨かったのを覚えてます。
今の老祥記は観光名所になって随分雰囲気が違いますけどね

実はいその爺さんにハイウエイを教えて貰って行った時、店主の村上恵子さんに
確認したら「伊藤グリルと間違われてるんじゃないですか」と言われたんです。

その時はハイウエイを知ろうとしてましたので、伊藤グリルを余り気にしてなかったんです。
伊藤グリル行くのが楽しみになって来ました。
2013-07-06 12:26 : メタボ夫婦 URL : 編集
継続は力なりだけど
はじめまして。桃山は30年以上前に知ってから、気に入っていましたが、最近味が落ち、がっかりです。豚の生姜焼きは3枚だけの肉がペラペラで、パサついていました。スープは糊みたいで味が薄めたように薄かったです。カニクリームコロッケにはトマトソースなのに、市販のトンカツソースやタルタルは合いませんよ。50代ぐらいの娘さんの接客はつっけんどんで不愉快でした。味と伝統を守っていませんな。もう行きません。
2013-08-02 22:42 : コケッコー URL : 編集
Re: 継続は力なりだけど
> コケッコーさん

私が行った時は、特別接客に問題は無かったのですが…
ウースターソースに関しては、ブレンドしてあったと思います。
ウースターソース事態の製法が複雑ですから、東京の老舗洋食店でも市販品を使ってブレンドしているのをTV等でよくみます。
トマトソースかウースター系かは、本文に書いてありますので、宜しくお願い致します。
2013-08-03 13:25 : いその爺 URL : 編集
取り合わせ
30年前にコック帽をかぶって、元気に出迎えてくれたご主人が脳梗塞なのか、お加減が悪くて隠居状態です。今の後継者が味を守っていない気がします。先日行ったとき、2階に通され娘さんらしい女性が1人いて(そっくりなので)、終始喧嘩腰みたいなしゃべり方でして、感じ悪かったんです。1階のおばさんはいつもの通り気持ちよかったですよ。かにクリームコロッケはこってりしているから、トンカツソースみたいなのとタルタルソースは合わないと思います。ウースターではなくドロッとした市販のようなソースにがっかり。バター風味の赤いトマトソースはレシピ本にも載っています。あなたは金持ちの自慢話しているわりに知らないんですね。
2013-08-03 14:51 : コケッコー URL : 編集
Re: 取り合わせ
>コケッコーさん

二階に上がった事が無いので、娘?さんに会った事がありません。
私がサービスを受けたのは、いつもの方なんですね。

ソースの事、御教授ありがとう御座います。
2013-08-03 15:52 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター