6

ナポリタンは何故赤いの? 赤と白のスパゲティー

そろそろ以前に載せました、「ナポリタンストーリー」を書き換えなくてはならない事になってまいりました。

今回の物語の主人公は二人。
“ナポリタン”と“イタリアン”という名前を持つ二人の物語となりそうな予感がします。
彼等はそっくりな容姿を持ち、時代の切れ目から登場しては、作者である私を悩ませます。

“ナポリタンとイタリアン”が活躍するストーリーは、独り二役をこなす、怪人二十面相が主役ととなる推理ドラマなのか?
はたまた一卵性双生児として産まれた、兄弟が織りなすホームドラマになるのか?
そして他人の空似が発端となる、歴史小説となっていくのか・・・・・


さて今日は、先日載せました“dancyu 1996年3月号 60-61頁  「口を真っ赤にして食べた『ナポリタン』をめぐる大冒険」 文・大石勝太”
(送って頂いた資料として文末に掲載させていただきます。)
の中に、「東洋亭」の“ホワイトナポリタン”なるメニューの存在が書かれてた事について少々。

じつは、メニューとして載せられていた事には驚いたのですが、“白いナポリタン”の存在そのものは想像の範疇にありました。
それは、未だ拙ブログに載せていないのですが、“海軍式ナポリタン”のレシピには、赤と白が存在している事を確認していたからなのです。
そして“イタリアン”にも赤と白のレシピが残っているのです。


どの様に考えるのが一番よいのかしら?と、悩んだ時は実験してみようかね!
てっ事で“海鮮ナポリタン”を作ってみました。

先ずは海鮮はケチっり、そして作為的に浅蜊だけで作ったよ! 海老は派手だから割愛ね!(笑





さてと出来ました御料理は。。。。誰?! 「ボンゴレ・ロッソぢゃねえか!」 った人は!(笑

この料理は間違いなく”ナポリタン”なのですよ。
何故なら“現代風アレンジをした自家製のケチャップ”を使用して作ったからなんです。
婦人誌のレシピにしたがい、トマトソースにリンゴを摺りおろし入れてみました。
酸味が消え優しい甘みを感じて、なかなか美味しいかったよ。

ナポリって街は海産物の美味しい処だそうですが、スパゲティに入れる具を考えると・・・
その代表となりうるのは、浅蜊そう“ボンゴレ”なんだよね。

浅蜊のスパゲティーであるボンゴレにはロッソとビアンコ、赤と白が存在していても不思議はありますまい。

「かくしてこのパスタ料理は、かつてナポリでトマトソースのスパゲティーが屋台で人気だったことにちなみ、「スパゲティナポリタン」と英語で命名され・・」
なんて言葉にトマト=ナポリって潜入観念に、私しゃ囚われていたんだなぁ~  と今更ながら実感しちゃったわ。(苦笑

一人目の主人公“ナポリタン”のキャラクターを探してみれば、イタリアの港街ナポリからはるばる日本の東洋軒に旅してきて、三越特別食堂にまで馳せ参じてくれた律儀な奴って感じでしょうか?

もう一人の主人公となる“イタリアン”は・・・・・
もしかしたら彼を 私は“ナポリタン”と勘違いして探していたのかも?

そう・・・・彼等は別人、そんな事実は小説より奇なりという歴史ものがやっぱり良いなぁ~
と言いながら、この先のストーリーはどうしようか・・・大汗






> たとえば、かつての「東洋軒」を知る自由が丘「キッチン・カントリー」の斎藤義正さんによると、「ナポリは海の町だからナポリタンに海老など海のものをたっぷり入れ、ミラネーゼには肉など里のものを入れる。ただ、どちらにもトマトソースがたっぷり入ったミートソースを使った」という。この店のナポリタンは、今でも海老入りミートソース和えだ。
 また、昭和初期の頃はまだトマトの味になじめない人も多かったらしい。「創業時からトマトペーストでナポリタンを作っていたが、トマトの酸味が苦手な人向けにトマト抜きの『ホワイト・ナポリタン』も用意していた。と昭和6年創業の赤坂「からす亭」ご主人の中島清隆さん。今でもホワイト・ナポリタンを注文する年配の客もいるとか。このような白いスパゲティを「イタリアン」と呼ぶ店も多かったようだ。

dancyu 1996年3月号 60-61頁  「口を真っ赤にして食べた『ナポリタン』をめぐる大冒険」 文・大石勝太<


スポンサーサイト
2013-07-05 : ナポリタンの“謎”を追え : コメント : 10 :
コメントの投稿
非公開コメント

ナポリ
以前にもコメを入れたように思いますが。その昔ワシがナポリに行った時、すスパゲティポリタンを無理矢理頼んだら、ボンゴレビアンコが出されました。

無理矢理といえば、無理矢理コラボで ワシのトコロもナポリタン&イタリアン企画やってます(笑)
2013-07-06 09:19 : とも2 URL : 編集
Re: ナポリ
>とも2さん

コメントをお待ちしていました。

もちろん何時かのコメはよく覚えています。
味覚の蓄積と経験値が重なる事で、一度に解決してしまう謎って存在すると思います。
とも2さんが仰っていた「自分なりの結論」でしょうね。

私もナポリに・・・・・行きたいよ!(笑

4年の月日を費やし、アチャラコチャラの文献の行間をなぞりながら行き着いたナポリも、
それなりの感慨深い旅ではありました。(苦笑

そうそう!
チョット教えて頂きたい事があったのですが・・・・
そちらに飛んでいきますね♪
2013-07-06 21:57 : いその爺 URL : 編集
話は色々とあり、婆さんはまごまごしております。
何はともあれ、このスパは美味しそうですね。色良し、具良しですよ。
私の食べたナポリの海鮮スパはツアーだった所為か、赤くはなかったです。
スパは細かったですが、具はエビ、タコ、アサリなど全てが小さくて、良くこんな小さな物を集められるものかと、感心しました。
景色は素晴らしいです。いその爺さんも是非お出掛けになって下さい。カプリ島もお勧めです。
話が勝手に逸れて済みません。
2013-07-06 22:17 : 相子 URL : 編集
なるほど。
二人の主人公たちはトマトの酸味に不慣れな日本人に
別な形で受け入れられたということですね。
次の展開が楽しみです♪
2013-07-07 05:58 : ちゅんご URL : 編集
さすがに奥が深い
でも旨そう
2013-07-07 15:07 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
白のナポリタンをぜひ見たいです(*^_^*)
2013-07-08 06:38 : koh URL : 編集
Re: タイトルなし
>相子さま

イタリアだけでなく、フランス等様々な処に行ってみたいですが。。。
今は仕事が。。。。v-406

たぶん仕事を辞めると、経済的問題が。。。v-406
ちまちまと近場で楽しんでいます。(笑
2013-07-08 22:54 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>EGUTI YOUSUKE さん

書いている本人の予想を超えて、深く深くと話が展開していきました。
私自身・・・・把握出来ずに困っています。(笑
2013-07-08 22:56 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>ちゅんごさん

流石!   話の落ちを見抜いていらっしゃる?(笑

昔の子供の天敵って、トマト! て子が多かったんですよ。
青臭いは酸っぱいは、そのままでは非常に食べにくかったです。

今のトマトの美味しい事!
様々な方の努力の賜物なんでしょうね。
2013-07-08 23:00 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>Kohさん

白ナポリタンですか?
これが。。。。。。。。少々悩むんですよ。。。
乳系? 塩系?
マカロニナポリタンは乳系なんです。
2013-07-08 23:03 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター