6

復刻 「ホワイト・ナポリタン」

明治20年、新橋にあった洋食店「東洋軒」のコックがイタリアから持ち帰ったのがその始まりと言われるパスタ。
この頃は日本郵船は未だ欧州航路を開設していないのですが、とうぜんながら外国籍の船で人々は行き来していたんだよね。
ナポリは重要な港街であったようです
本場ナポリからコックが直で持ち帰ったパスタなら、当然ながら調理法もリサーチしてきてると思うンだよね。
当時のスパゲティにロッソとビアンコ、赤と白があっても不思議じゃない。

ナポリ風スパゲティ・ビアンコなのであろう、「ホワイト・ナポリタン」って響きが・・・・妙に美味しそうに響いて聞こえてくるのは私だけでしょうか?
洋食としての「ホワイト・ナポリタン」を作ってみようと思い立ったのは、私的には当然の成り行き。(笑





ムフフフッ・・・・・・・・・・・ 美味い! 

港街ナポリなら新鮮な魚貝を使用できると思い、アルゼンチン産有頭海老と浅蜊からスープをとってみたよ。
スパゲティは古式に倣い、茹で上げてからバターで炒めて使用。当然ながらホワイトといいながら、濃厚な味に仕上がりました。
此奴にドライトマトを入れたら、一層美味しいナポリタンが出来そうです。

遙か欧州航路に思いを馳ながら味わう、少々贅沢な「ホワイト・ナポリタン」は辛口の白ワインが似合います。
嗚呼~  ラッコが居ない留守番ナイト、良き独りご飯となりました。(笑





今日の「ホワイト・ナポリタン」のレシピ。(孤独な一人前)

スパゲティはバリ硬に茹でて、さっと水で洗ってからバターで炒めて放置しておきます。

有頭のアルゼンチン海老三匹から、頭と殻を取りワタを外して二等分にします。
オリーブオイルで大蒜の微塵切りを炒め、外した頭を軽く潰し殻と共に軽く炒めます。
香りが立ってきたら、殻付きの浅蜊&帆立、海老身を入れて炒め、たっぷり目の白ワインを入れて蓋をして蒸します。

浅蜊の口が開いたら、笊で濾してスープと具材を分けます。
この時に、浅蜊から身を外し、帆立と海老身と別に確保。 海老の頭と殻は棄てちゃいます。

玉葱のスライスをオリーブオイルで炒めスパゲティを入れ、さらにスープを入れて煮詰めていきます。(この時間を稼ぐために、くれぐれもスパゲティの茹で加減はバリ堅にしてね。)
塩胡椒で味を調えて、適当な所で具を入れてチョイと炒めて完成。


スパゲティにスープの旨味が吸収されていて極々旨し!


スポンサーサイト
2013-07-20 : ナポリタンの“謎”を追え : コメント : 9 :
コメントの投稿
非公開コメント

ホワイトナポリタンですか!!
初めて知りました。
めっちゃ美味そうですね。
具がゴロゴロ。
最高ですね^^
2013-07-21 04:45 : はまぴー URL : 編集
素晴らしい
これから朝食 お腹が空いています。グ~グ~と鳴っています。
ナポリの高台のレストランで食べたホワイトナポリタン。思い出しますよ。美味しかったですよ。
ただいその爺さんと違うのは魚介の姿が小さくてね。矢張りツアーだからでしょうね。でも印象に残っている味です。
2013-07-21 07:52 : 相子 URL : 編集
ホワイトナポリタンはベシャメル系じゃなくて
オイルソースだったのですか~

アルゼンチン赤エビなどの生食できる海老は
頭捨てずにソースにするといいダシが出ますね。
2013-07-21 12:40 : ちゅんご URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-07-23 10:52 : : 編集
豪華ですねェ、ホタテホタテ!!ラッコさん好物では?ブログ見て怒られませんかぁ?
美味しそうですねェ、ランチに決まりです(笑)
2013-07-23 13:11 : oga URL : 編集
Re: タイトルなし
> はまぴーさん

私…普通のナポリタンよりホワイトの方が好きかも?
もっとも材料費がかさんでしまうのが欠点!(笑)

上の具で一杯呑めちゃいますよ♪
2013-07-23 16:25 : いその爺 URL : 編集
Re: 素晴らしい
> 相子さま

ナポリの高台で食べたナポリタン…さぞかし美味しかったでしょうね♪
やはり食事にはロケーションって大事な要素ですよ~

あ~ ナポリでナポリタンを食べたいです。
私は無理しても、赤&白両方にチャレンジします!(^-^;
2013-07-23 16:29 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> ちゅんごさん

じつはマカロニナポリタンの白はベシャメル系なんですが…
ナポリなら此でしょ!って感じで採用してしまいました。(^-^;

ベシャメルナポリタンもチャレンジして見ようかしら♪
2013-07-23 16:32 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>ogaさん

当日 ラッコは友人と野毛のワインバーでお楽しみでした。
私のささやかな楽しみに、文句は言わせません! v-411

と言いながら。。。。少々心配ではあります。
内緒にしておいて下され~
2013-07-23 22:01 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター