6

横浜の魅力

YOKOHAって街は、昔はさほど美しいだけの街では無かったような気がする。
何処かに影みたいなところを引きずっている、そんな陽と陰の境目となる領域に魅力があった・・・・と思う。




三十年以上前はまだ港の近くにそんな境目が存在していた。

山下町の薄暗いレストランで働くウエィターが着ていた、白い上着に黒い棒タイを絞めた姿や、中華街の外人バーのドアーから煙草をくわえて外を見ている姐さんの遠くを見るような眼差しを時々思い出す。


IMG_1234.jpg


艀(はしけ)や達磨船であふれていた、“象の鼻”も今や綺麗な公園となった。
遠くに鋼鉄の匂いを放ちながら広がっていた造船所も、煌びやかな光を発する“みらい都市?”に変貌。


IMG_1275_20130916213947b18.jpg


“横浜竿”を落とし込みながら辺を歩いていたヘチ釣り師を見掛ける事は希になった。
現在では電気浮きを操る浮き釣りが多勢を占める気がする。船の明かりに照らされてなかなかオサレだ。
メバル狙いかしら? できたら私は穴子が良いのだけれど・・・・・浅いから無理かな?


IMG_1222.jpg

今も昔も変わらないのは、港をながめる浜っ娘の美しさ。


美しく無くて良い。  混沌とした街、そんな横浜が好き。


スポンサーサイト
2013-09-16 : 横浜徘徊写真 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター