6

ナポリタン

久しぶりの「ナポリタンの謎を追え」の更新。

検証と統括を兼ねた記事を載せなきゃ終われないなぁ~ なんて想いながら、隙間を埋めてくれるレシピが無くて、探しておりました。

チョイと忙しくて、久しぶりにお気に入りの柴田書店 編集部たより 料理本のソムリエを覗いたら。。。。
あれ?まぁ! しっかりと載っているぢゃないですか!(苦笑

2013年09月26日 料理本のソムリエ [vol.60]を御覧になって頂けると幸いなのですが。。。。
面倒臭がりやのために、たっぷりと引用させていただきましょうか。


2013年09月26日 料理本のソムリエ [vol.60]
「ナポリたん」ってお子ちゃまキャラだと思ってたのに。。。

>ナポリタン愛がこうじて、各地の特徴的なスパゲティナポリタンを訪ねたり、アメリカのハインツ社やケチャップの消費量の多いスウェーデンにまで足を伸ばしたルポ『ナポリタン!』は、『とことんおでん紀行』や『カレーライスと日本人』といった先人のスタイルにならった労作なのですが、歴史考証の中途半端さは否めません。ケチャップで作るナポリタンは横浜のニューグランドホテルの入江茂忠シェフがGHQの将校のために作ったのが始まりっていう説をとっていますが、これは100%ありえないでしょう。だってケチャップ味のスパゲティナポリタンって戦前からありましたもん。

 『婦人之友』の昭和12年12月号ではうどん料理の記事で、うどんを代用して作る「スパケテナポリタン」を紹介しています。麺がうどんだなんて安い学食みたいだけど、日中戦争が始まってなんでもかんでも代用で節約が推奨された時期だからね。フライパンで豚か仔牛の肉100gと脂50g、ニンニク3片を炒めて取り出し(これも肉は別の料理に使います)、さいのめに切ったトマト小2個を入れて炒め、トマトケチャップを加え(トマトがないときには少し多めに)、月桂樹の葉2,3枚を入れて、シェリー酒5、6滴を落とします。湯(煮出し汁があればなおよし)でのばして、塩コショウで味をつけてできあがり。これをゆでたうどんにかけて、粉チーズをふります。

 所詮うどんなのに材料にシェリー酒なんて使ってお洒落さんなのは、料理研究家の趣味なのか、標準レシピなのかよくわかりません。解説には「これはイタリーでよくする料理で、これさへあれば他のものはいらないといふ人のある程そんなに美味しいものです」とありまして、れっきとしたイタリア料理とうたっております。スパ「ケ」テなのにね。

 これってうどんで作る特殊な事例じゃないの?と疑う向きには次の資料を。童謡作家、有賀連の作品集『風と林檎』(1932)にある「マカロニ」という子供向けの詩です。

 マカロニナノダヨ、コノ皿ハ    フォークニマイテル、アノヒトモ
 ― プルン、ルン、ルン、マカロニダ
 マカロニナノダヨ、ミテゴラン   トマトケチャップガカケテアル
 ― プルン、ルン、ルン、マカロニダ
 マカロニナノダヨ、コノ皿ハ    タベルヨ、ボクハ、スキナンダ
 ― プルン、ルン、ルン、マカロニダ
 マカロニナノダヨ、アノナベハ   マカロニナノダヨ、ヤハラカイ
 ― プルン、ルン、ルン、マカロニダ

 ずっとマカロニマカロニ言い続けてますが、フォークに巻いているのでロングパスタでしょう。戦前の資料を見ていると、マカロニを正しく「管饂飩」っていう身も蓋もない説明をしているものもありますが、今の「パスタ」のように総称として使っていたりもします。一コマ漫画でマカロニって言ってるのに、明らかにロングパスタが描かれているのもありました。ちなみに戦前の加工食品に関するお堅い資料だと、スパゲティという単語より英語からきた「ヴァミセリ」のほうがよく使われていたりします。

 さてこれは、童謡として書かれた詩に出てくるっていうのがミソでして、子供がマカロニという食べものがどんなものか知っているのが大前提となっていることを示しています。いまヴァミセリの歌ってのを作っても、大人にだってぽかんとされちゃうでしょ? 昭和7年の段階でパスタにトマトケチャップをかけるのがさほど珍しくなかったという傍証です。ナポリタンはデパートの食堂の洋食の付け合せとして生まれたという説もありますが、ニューグランド誕生説よりはずっと傾聴に値します。

 そろそろみなさん戦後の発明っていうのは変だということに気づかれたようで、入江氏よりも前にニューグランド初代料理長のサリー・ワイルが発明した説ってのもありますが、彼はスイス人でれっきとしたフランス料理のシェフなのに、わざわざスパゲティだのケチャップを使う必然性ってのが感じられないんですよねえ。むしろワイルや入江シェフが、日本人の好きなナポリタンを、ホテルで提供できる域まで高めたっていうのなら合点がいきますが…。

 ナポリタンってケチャップで甘酢っぱいので、不良というより子供の好物。柔らかくて食べやすいしね。カレーと並んで子供に人気ですが、それじゃあそもそもミートソースでもグラタンでもいいけど、スパゲティやマカロニがいつどのような形で日本人の舌に受け入れられるようになったかというと、これがどうもよくわからない。やたらうんちくを垂れるカレーと違って、この件に関してはみんな頬かむり。実際、いつの間にか素知らぬ顔で洋食屋のメニューにまぎれ込んだ感じでして、これを調べるのはかなり大変そう。
<引用終わり。

参ちゃうよな、プロが書くと短い文章になんと説得力があること、私しゃ五年も書いているのに。。。。。。。
附録の料理集ではもう出てこないかと思いってはいたのですが、昭和12年より前に出てくるのではと推測をしていました。
正直残念ながら、とても嬉しいです。(笑

このレシピの大事な所は。。
1 「スパケテナポリタン」という名称が記述されてる。
2 とりあえず、ケチャップが使用されているところ。
3 いちど炒めた肉を取りだして、別の料理に使う事。
4 これはイタリーでよくする料理で。。。


これは大事な記載です。

このレシピが出ると、残念ながら「戦後横浜発祥」は現在名前が挙がっている店やホテルでは有り得ません。
でもね。。。。横浜もナポリタンの歴史のなかで大きな役割を果たしているんですよ。

そんな想いを込めて、大事な検証資料として今回も載せておきたいと思います。



スポンサーサイト
2014-06-22 : ナポリタンの“謎”を追え : コメント : 5 :
コメントの投稿
非公開コメント

もやもやが一気に晴れたようで良かったですね~

それにしてもこの編集部だよりは凄いです。
なんか料理の裏社会を覗いているような錯覚に陥りそう・・・
2014-06-23 18:30 : ちゅんご URL : 編集
Re: タイトルなし
>ちゅんごさん

流石は食本の柴田書店編集部、読書量の多さには驚き! って感じでしょ!
最初から、柴田書店にメールして教えてもらえば良かったかも?(笑

一応 ナポリタンについては今後も細々と継続して行こうと思っています。
まとめを書きたいのですが、なかなか難しいですわ。
2014-06-24 13:53 : いその爺 URL : 編集
ナポ
久々のナポネタを楽しく読ませていただきました。
ふむ…でも…なんか、カルボナーラ気分になるのは何故でしょうか(疑)
2014-06-24 23:33 : とも2 URL : 編集
Re: ナポ
> とも2さん

あれ?カルボナーラに行ってしまいましたか?
できる事ならミートソースに誘導したかったのですよ。(笑
2014-06-25 11:41 : いその爺 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-07-20 19:57 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター