6

野毛「大衆肉居酒屋 武田屋」で文明開化の肉食を想う。

前々回にチョイと牛鍋の事を「高尚ならざるもの」と書いてしまいましたが、言い換えれば牛鍋は大衆文化として日本に根付いたと言いたいのです。


1864年10月2日 P.&O.の郵船で旅客係をしていたイギリス人カーティスが来日しました。
彼は本町通り85番付近にあった「ロイヤル・ブリティシュ・ホテル」を改称し「コマーシャル・ホテル」として再オープンさせます。
しかし経営は順調とはいかず開業後一年後の1865年11月には、ホテルの裏手に屠殺場を設け牛肉の販売業も手掛けなくてはいけないようになったようです。

あれ? カーティス。。。。何処かで聞いた名前ではありませんか?

Willian Curtis ウィリアム カーティス、そう! 1876年(明治9年)11月神奈川県川上村(現在の戸塚区)でハム製造を始め、そのカーティスから製造方法を教わった(一部には盗まれたと記する文献あり、そりゃ仕事は盗めって。。。笑)益田直蔵が1879年2月にハム製造を手掛けたのが、日本人よる最初のハム製造だったと言われています。
これこそが「鎌倉ハム」の起こりであり、現在は複数の会社にわかれ「鎌倉ハム」の名称が護られています。

此処でやっと本題。(笑

その「鎌倉ハム」を伝承している会社の一つ「鎌倉ハム村井商会」が 野毛に「大衆肉酒場 武田屋」をオープンさせたと聞いて少し気になっていたのよね。

あれ? 「武田屋」って何処かで聞いたことない?

「武田屋」は私が知る限りでは“第七武田屋”まで存在していた横浜の食肉卸しを支えてきた老舗の屋号なのですよ。
なんで鎌倉ハムが武田屋なの? 
これは。。。どうも村井商会の先代が武田屋で修行をしていたらしく また親戚関係にもあるようなのですわ。



PB210017.jpg
手作りのコンビーフ。。。。ほんとうに手作りしてるそうだ。  これ良いなぁ~  作り方教わりたい!


ここまで横浜の食肉産業の歴史を背負ってきた関係店と聞いては。。。。そりゃ~調査対象になるでしょ?(笑


PB210020.jpg
牛のたたき。。だったかしら? 最近“たたき”ってあまり言わなくなちゃった気がする。  旨い。


正直な感想を書いてしまうと。
対価を考えたみると真面目に選んだ肉を提供して下さっていると感じました、どれも美味しいですわ。


PB210021.jpg
厚切り牛タン串焼きかな。。。地味だけど牛タン好きにはオススメできます。 某専門店から考えたら格安!(笑


ただ。。。惜しむべきは背負ってる“歴史”を伝承してくれる様な逸品が不在なような気がしたこと。
なにか看板が欲しい気がしますね。

アハハ。。。。私としては前回載せた「牛鍋」を「高尚ならざるもの」として大衆的に復興してくれないかな?
なんて想ってしまうのですが。。。。。。駄目かな?

現在 横浜では「牛鍋」を謳う店は複数店舗あるのですが、全ては高級店と言って良い感じなのです。
そのなかでも“味噌”を使う店舗はたったの一軒のみ。
牛鍋のルーツは“味噌”にあると思われるので、「味噌たれ牛鍋」として是非とも大衆的に復活させてくれないだろうか?


P7080045_201412122245404ab.jpg
以前に載せたハムカツ。 個人的にはペラペラのが好きっなんだが。。旨いです。  これ鎌倉ハムなのかしら?贅沢だわ。

お得な?ステーキなんかも出していたのですが、それは次回のお楽しみといたしました。

因みにカーティスは西洋野菜栽培も手掛けていたようで 横浜食文化の父と呼んでも良い様な気がする御方です、此処も未だ未だ少し調べてみたいなぁと思います。


※実際に入店したのは十一月の出来事です。
※参考文献『横浜外国人居留地ホテル史』 澤 護著

追記 カーティスについては技師、船員等の複数の職業が文献に載せられておりますが、今回は参考文献に従い旅客係といたしました。
スポンサーサイト
2014-12-18 : 野毛 桜木町界隈 誘惑の梯子酒 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

教えましょう!w

http://ameblo.jp/team-korobiya/entry-11189333076.html

こんなんで作ってみました♪
2014-12-19 10:01 : maruto082 URL : 編集
松本でも老舗の牛鍋屋が店じまいするようですよ、確かに値段が高くて庶民にはちょっと近寄りがたいですよ 今は駅前の全国チェ-ンの居酒屋しか混んでないですよ
もう老舗の料理屋はほとんど残っていないですよ
2014-12-19 13:18 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
たたき美味しそう~❤
コンビーフもバケットにのっけて・・・
想像しただけでよだれもんですねっ(。-∀-)

確かにお肉屋さんのレストランは何処も美味しい
気がする・・・
お値段も・・・よろしいですけどね( ̄▽ ̄;)
2014-12-19 14:01 : ハイパーママ URL : 編集
今晩は 楽しく拝見させて頂きました。
コーンビーフは子どもの頃からの好物です。
戦前の缶詰の方が美味しかったように思うのは化石人間だからでしょうかね。
コーンビーフをお作りになる方には吃驚しました。
流石にいその爺さんのお友達ですね。
2014-12-19 18:01 : 相子 URL : 編集
今晩は。
今日も目の毒です。。。(爆)
手作りのコンビーフの作り方わかったら、
ブログに更新してくださいね♪

夜は出かけたくないです(爆)

2014-12-19 18:18 : sasamint URL : 編集
コンビーフ
子供の頃はあの缶詰が大好きでした。
でも、大木ハムのものを食べてしまったら、
もう缶詰は不要です。
こちらのコンビーフも美味しそうですね♪
2014-12-19 23:35 : 酔華 URL : 編集
鎌倉ハムの歴史が勉強になりました。
最近はこちらでも普通に買えるようになったのです。
って、切り落としみたいなのしか買いませんが・・・

この店、女房連れていったら喜ぶだろうな~
2014-12-20 12:44 : ちゅんご URL : 編集
Re: タイトルなし
> maruto082さん

そうそう! marutoさん作っていましたね!
。。。。食べた事無いけど!(笑
ベーコン 美味しかったなぁ(o^~^o)

けっこう大変ですね。 猿には無理でしょ!
私も無理かも?(笑
2014-12-20 13:40 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> EGUTI YOUSUKEさん

こちらも老舗は大変みたいです。和食系は随分と減ってしまいました。
文化遺産とて和食が話題になりますが。。実際はどうなのでしょうね?

外ですき焼きは。。。。二十年くらい食べていない気がします。(笑
2014-12-20 13:44 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> ハイパーママさん

関東より関西の方が肉文化って進んでいるような気がします。
京都に出張の時 何時も焼肉屋に行きたいのですが、チョイとハードルが高いです。
京都のステーキは。。。。値段高すぎ!(笑
2014-12-20 13:49 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> 相子さま

marutoさんは薫製まで作ってしまうんですよ!
コンビーフなんて凄く美味しいんですよ!
(marutoさん 聞こえたかしら? (笑 )

手作りは脂が少ないのが嬉しいです。
2014-12-20 13:54 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
>sasamintさん

夜は出かけたく無いんですか?(笑
藤沢や鎌倉辺りにも良い店が沢山あるようですね♪

コンビーフ↑でmarutoさんが教えて下さったのですが、けっこう面倒です。(笑
裂かないコンビーフにしょうかしら。
2014-12-20 14:11 : いその爺 URL : 編集
Re: コンビーフ
> 酔華さん

そうそう!大木のコンビーフ!
でも夜は売り切れていたりして。。。。(ToT)

marutoさんレシピで大木風のコンビーフが出来ないか考えていました。
サンドイッチで食べたいです。
2014-12-20 14:14 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> ちゅんごさん

リブロース 1980円ってあったのですが。。
ステーキは家で食べる主義なので諦めました。(笑

もう少し個性を発揮して下さると嬉しい店です。
大衆肉酒場ですから脂は不可欠かな? 少し上品にまとまってしまった感じです。

2014-12-20 14:18 : いその爺 URL : 編集
素敵ですね~
歴史あるグルメを過去をノックしながら食べる感じ
ワクワクします
メニューもそれぞれレトロなメニューに感じます
お肉って昔はもっと獣臭かったんだろうな~
2014-12-20 16:11 : ほ助 URL : 編集
Re: タイトルなし
>ほ助さん

横浜って開港以来たったの150年くらいの歴史しか無いのですよ。
それも関東大震災と第二次大戦により二度壊滅し貴重な記述なども灰燼と化しました。
少しづつでも”食いもの”パズルのピースを集めたいと思っているのですが。。。難しいです。(笑

明治以前にも 我が喰い意地の張ったご先祖達は、猪や鹿を薬と称して食べていたようです。(笑
文献では味噌味だったと思われます、やはりかなり臭かったようですよ。
(明治期に猪等に比べて牛の旨さをたたえる記述などもあります。笑)


2014-12-20 22:01 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター