6

獅子門酒楼の“活 酔払い海老の湯引き” 横浜中華街

JR石川町の夕暮れあきらかに周囲と違うリズムを刻みながら歩く二人連れ、二人のリズムも合わないようである。

爺さん  「ラッコよ! 中華街で飯を喰うって事で待ち合わせなら、普通改札口は “中華街口”が何も言わなくても待ち合わせ場所って解りそうなもんぢゃろが?」
ラッコ  「爺さん! 私は海から泳いで中村川を来てるのよ! “元町口”が一番便利なの!普通は便利なところが“普通なのよ! 」
爺さん  「あっ。。。泳いできたの?  失礼いたしました。。」   
 



気分を取り直し。。。。。。

ラッコ  「爺さん! 爺さん! 今日は何処にご飯を食べに行くの? パタパタパタ。。。腹叩き。。。
爺さん  「今日は中華街の獅子門酒楼へ行くんぢゃ。」
ラッコ  「ししもんしゅろう?」
爺さん  「獅子門と書いて、“しもん”と読むんぢゃ。」
ラッコ  「ヘェ~  そうなんだ! ししもんなのね。」
爺さん  「。。。。。。。。。。。。。。。」


IMG_3369_20150118210539222.jpg


ラッコ  「爺さん! 爺さん! それで今日はなにを食べるの?」
爺さん  「ラッコよ今日は獅子門酒楼名物 「活 酔払い海老の湯引き」をいただくのぢゃ!」
ラッコ  「パタパタパタ。。。。。。解らないがとりあえず腹叩き 」


IMG_3342.jpg


ラッコ  「爺さん! 爺さん! 海老さんが嬉しそうにお酒の中で宴会して踊っているよ!」
爺さん  「そうぢゃ、しばらくの間 たっぷりと紹興酒を呑ませておやり。笑」


IMG_3346_2015011721283160d.jpg


ラッコ  「爺さん! 爺さん! 海老さん呑み過ぎたみたいで皆寝ちゃったけれど? どうするの?」
爺さん  「後はお店の人がテーブルの上で海老を湯がいてくれるから 良くみておくんぢゃぞ。」
ラッコ  「なんだお風呂に入れてから食べるのね。 私はこのまま丸かじりかと思ったわ。」
爺さん  「。。。。。。。。。。。。。。。」


IMG_3347.jpg


ラッコ  「ウワァ~  すごく綺麗!  で美味しそう! 丸かじりするの?」
爺さん  「いやいや! 自分で皮を剥いて食べるのぢゃ。  湯がいてあるから簡単に剥けるぞ。」
ラッコ  「へぇ~  爺さんやってみせて!」

爺さん  「先ずは。。。頭と身を捻り。。。。ミソをこぼさないように。。。」


IMG_3348.jpg


爺さん  「ここぢゃ!  ここが美味いのぢゃよ! たっぷりと飲んだ紹興酒とミソが湯引いた事でホンワリと温められてなんとも言えない味ぢゃ。  チュルチュル。。。」
ラッコ  「チュルチュル。。。ほんとうだ! 美味しいわ! 紹興酒が進むわね! グビグビ。。。」

ラッコ  「角を持って持ち上げると殻が取れるのね、私は尻尾の身より頭の中が好きだわ。」
爺さん  「ラッコってあんがいと。。。。どう猛なんだな。。。。気をつけよう。」


ラッコ  「あぁ~美味しかった!  爺さん!爺さん! 後は何を食べるの?」
爺さん  「後は。。。。。。次回のお楽しみぢゃ!」

ラッコ  「あっ!   お酒飲んでブログを書くのが面倒になってきたのね!」
爺さん  「。。。。。。。。。。。。。。。。眠いんぢゃ。」  


他の品は また後日。  m(_ _)m

たっぷりと紹興酒を吸わした海老のしゃぶしゃぶ みたいな御品。
葱醤油のようなタレが付いてきますが頭を食べるには要らないと思う。 濃厚な味を楽しめました。
活きの車海老が手に入ったら家でも出来ると思います。 是非ともお試しあれ。


スポンサーサイト
2015-01-18 : 横浜ラッコ物語 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

これはすごそうですね
サイマキですね。
サイマキにたっぷりと呑ませて、酔いつぶれたところを湯に漬けるだなんて、なんて贅沢なんでしょう。
中華料理って、本当にすごいことを考えますね。
2015-01-19 04:52 : ぶらくり佐藤 URL : 編集
へえ- 知らなかったな 紹興酒の中でエビも極楽・地獄どっちかな
でも考えて見れば凄い事考えたもんだな 日本でもマムシ酒は泥・排泄物出すために水の中に1週間入れたのを水を払って焼酎入れるから同じか
2015-01-19 10:40 : EGUTI YOUSUKE URL : 編集
こんにちは。
面白い♪
エビ美味しそうです。
どんな味でしょう。
エビの味ですよね・・・・
ラッコ さんのお写真はないのですね?
続き期待してますね♪
2015-01-19 12:19 : sasamint URL : 編集
驚きですね。いその家は只者ではないですね。
此方は試そうにも◯もないし、困っちゃうわ。
2015-01-19 12:28 : 相子 URL : 編集
酔っ払い海老の美しい事
綺麗な海老さんを最近スーパーでも見かけなくなって
海老ラーとしては悲しい今日この頃です
ラッコさんお幸せですね~
小走りについていく行くラッコさんの気分になりつつ読みました
美味しいお店に連れて行ってくれる旦さんはなんて頼もしいんでしょう♪うっとり
2015-01-19 14:39 : ほ助 URL : 編集
我家では
なかなかエビを買うことができないので、
指を燗酒で湯がいて舐めています…・・・トホホ
2015-01-19 17:28 : 酔華 URL : 編集
Re: これはすごそうですね
> ぶらくり佐藤さん

昔 中華街で同じように酒を飲ませた海老を生のまま食べさせる処がありましたが、それより数倍旨いと感じました。
ミソに紹興酒がこれ又合いますわ!(笑

中華料理は横浜の郷土食だと思い始めています。
2015-01-19 19:47 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> EGUTI YOUSUKEさん

末期の酒。。。。。ですよね。(笑
ドジョウにも酒を飲ませてしまうし、何時か罰があたるかもしれません。
仕方がないです。:(T-T):

まむし酒は。。。。。怖いです!((゚Д゚ll))
2015-01-19 19:50 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> sasamintさん

ラッコは写真を載せたら消えて無くなってしまいます。
だって。。。。。妖怪ですから!(笑

そうそう! 腰越の「ラッコ公園」って知っていますか?
検索して頂けるとラッコの秘密が解るかもしれません。(笑)
2015-01-19 20:03 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> 相子さま

まぁ共働きで休日が違うすれ違い夫婦の唯一共通した楽しみとお赦し下さいませ。(笑

活の車えびが手に入り難いですからね。
箱だとお取り寄せもあるのですが、少し量が多いですよね。
困った!(笑
2015-01-19 20:08 : いその爺 URL : 編集
Re: タイトルなし
> ほ助さん

店までは私が前を歩いて行きますが、食後は伝票を持ってレジまで歩くラッコの後に付いて行く事になります。
尻尾をフリフリ。。。。。

今日も上手いこと家計費で美味しいものを食べる事が出来て私は幸せです。(笑
2015-01-19 20:14 : いその爺 URL : 編集
Re: 我家では
> 酔華さん

是非とも熱燗でいって下さいまし。
真っ赤な海老が再現されいっそう美味しい気分となれると思います。(笑

紹興酒ムース。。。。やっと食べました!(^ Q ^)/
2015-01-19 20:18 : いその爺 URL : 編集
ずいぶん前に香港るるぶで流行の料理として紹介されたのを見て以来、いつか食べてみたいと思って果たせてません。
やっぱり海老はミソですよねぇ。
2015-01-20 00:08 : ミサイル超獣 URL : 編集
Re: タイトルなし
> ミサイル超獣さん

そうそう! やはりミソですねぇ 紹興酒と相性バッチリですよ!

最近は車海老も箱で活のままお取り寄せ出来るので、自宅でした方がコスト面では格段に良さそうです。
調理技術はほとんど要らない感じです。
だって。。。テーブル脇で作ってくれます。(笑
2015-01-20 16:06 : いその爺 URL : 編集
エビは酔うと赤くなるのですか・・・(笑)
いえいえ、お風呂は目の前ですか?
美味しそうなエビ様・・・・海老さま・・・市川海老蔵様?

中川ももう少し綺麗になってくれたらと望みます。
2015-01-20 17:27 : koh URL : 編集
Re: タイトルなし
> kohさん

お風呂は目の前で入れてくれますよ。ほんとカラスの行水程度ですが。(笑

中村川は昔に比べると綺麗になりました。
もっとも船が浮かんでいた頃の方がおもむきがありましたね。
2015-01-21 21:11 : いその爺 URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-01-21 21:35 : : 編集
Re: タイトルなし
> 鍵コメさん

わが家は、私 いその爺、妻 いそのラッコ、長男カツオと嫁の鮎子さんと初孫タラちゃん。
今だ家に居る次男こぶ平という家族構成です。

ラッコは横浜港に住んでいる時もあります。(笑

妄想。。。。。?
2015-01-21 22:02 : いその爺 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター