6

石川町の「広東厨房 鴻」さんに行ったよ。

酔華さんミサイルさん、と話題になっていた、石川町の「広東厨房 鴻」さんに先輩kinchan60さんに付き合っていただき行って来ました。

じつは先日 伺った”曙町の岳”さんがとても美味しくて同じ系譜を持つお店だと聞いて興味津々だったんですよ。






バル?と思える小綺麗な店内、中華テイストはあまり感じませんが何処か居心地の良い内装。
燻んだ爺さん二人連れにはチョイと明るすぎて不向きかなぁ?って感じです。(笑




PA120008.jpg


よく私は中華街を外れ、生活域で庶民的な料理提供をしてくれる中華屋さんを親しみをこめて”町中華”って表現をする事があります。

赤い暖簾をくぐって店内に入るとカウンターといくつかのテーブル、脚はパイプが定番ね。
カウンターの端っこに週刊誌なんぞが置かれていて、店のお母さんが優しかったりしたら完璧、かたや親父さんは無口なんだけれど、鍋を振る音はリズミカルでけっこう雄弁だったりするんだ。

「腹へってんだろ!がっつり食っていきな!」みたいに鍋を振る音があの頃は聞こえてきたなぁ
今でも町中華が大好きなのは若き頃の”健康な食欲”と”人情”って香辛料が忘れられないのかも?笑



PA120006.jpg


そんな”町中華”もずいぶんと店の数が減ってきたような気がするし、そもそも鍋を振るうオヤジさん達も爺さんになっちゃった。
きつい仕事だから後継者が育たないのだろうな、このままでは私が愛する”町中華”も何時かは無くなってしまうのかも?
なんて最近少し寂しく思っていました。

ところが、どうもそんな事は私の考え過ぎだったみたいです。



PA120009.jpg


料理ってものは時代と共に変わっていく生き物みたいなものなのでしょう、生物って生存のためは時代に合わせ進化していく本能を持ち合わせているんだよ。とうぜんながら店舗も進化して行くんだ。。。。
進化を通り超し老化へまっしぐらの爺なのですが進化した此方のお店、是非とも再訪させて頂きたいと思うのです。

あっ! 此方のお店”も”です。  
進化し続ける横浜の”町の中華屋さん”カテゴリーって目が離せないな。
こりゃ まだまだ老けこんじゅあいられないわ。(笑


2015-10-18 : オサレ? 元町 関内 MM 近辺 : コメント : 14 : トラックバック : 0 :

「勝烈庵本店」でお好み弁当

先日、仕事帰りにカメラを持って山下公園方面に寄り道。
こんな時はカバンに入るオリンパス機は便利だね。
夕暮れ間近って時間に到着。ちょうど飛鳥が出港してしまいました。残念!

そこで四六時中寄港している氷川丸。(笑




ちょうど上の雲に夕日が当たってくれていました。
少し写真に表情が出てきてくれたかな?


シルバーウィークって言うの?
良いよなぁ~ 私しゃ毎日出勤しています。そろそろノンビリ暮らしたいけれど。。
ラッコに「生涯現役よ!」って厳しく釘を刺されているんだよね。:(T-T):
ああ! 遊んで暮らしたい。。。。。。(笑






独り飯シリーズ。

弁当でも買って帰るか。。。なんて思って関内の勝烈庵フーズの売店に行ったらお休みだった。
少々先に行くとか勝烈庵本店が在るけれど、そもそも勝烈庵本店と勝烈庵フーズって別会社ならしいね。
ソースの味も違うし別モノって考えた方がよいみたい。
お値段も。。。。。違うけれど。(笑


20150829-IMG_4285.jpg


勝烈庵本店で奮発して、ヒレカツ三枚&大海老フライのお好み弁当。
お値段よもやの二千円超え!(笑

でもね、やっぱり美味しいわ。


2015-09-20 : オサレ? 元町 関内 MM 近辺 : コメント : 20 :

元町 「大木ハム」のコンビーフをゲット!

出張が入ったりしてバタバタ 少しサボり気味な気分。(笑

昼間に元町近辺に出掛ける用事ができました。
そんな時 夕方に行くと何時も売り切れている、大木ハムのコンビーフを買わない手はないよね。







今更 解説は必要ないぞ! と言われそうなのですが。。。。珍しい塊タイプのコンビーフ。
御店主にグラム単位で注文すると、シャキーンシャキーンとハムの様に薄切りにしてくださいます。



20150706_190957.jpg


ちょっとサラダ風にしてワインで頂きました。
マヨネーズを添えても良いし、そのまま食べても美味しいですよ。



20150706_190939.jpg


コンビーフサンドにする間もなく完食となりました。(笑






2015-07-11 : オサレ? 元町 関内 MM 近辺 : コメント : 18 : トラックバック : 0 :

本郷町 「杉山牛肉店」のロースハム&ウィンナー

浜に住むラッコからメールが届いた。
「爺さん!爺さん! 我らラッコ漁団は本日早朝より青森沖漁場に移動致します。」

うむっ。。。どうやらラッコの奴は旅行らしいのぉ 青森沖の貴重な海産物を食べ尽くさねば良いのだが。。。。
爺さん少し心配になったが、気を取り直して夕飯の献立を考え始めた。

なんだか作るの面倒だなぁ。。。。。。。。。。。。。。。
そんな時は簡単な加工品がベストだね。って事で終業後に本郷町「杉山牛肉店」へ寄道。







粗挽きウィンナーを購入。
付け合わせはキャベツが無くてレタスのザク切りのカレー風味。



P6290016.jpg



“断面”載せておくわ。(笑




P6290022.jpg


ロースハムも合わせて購入。  美味し! 脂の香り口溶けが良い、これはまた買いに来なくては。
こちらの叉焼きもなかなか美味しいのだが本日は此処までとしておきましょう。
因みにベーコンはアバウトに“木曜日あたり”に出来るらしいね。  ベーコン未食なので次回チャレンジだわ。




P6230022.jpg


モンシロチョウ?? やけに黄色みが強いなぁ なんて思って調べたら。。。。
夏型♀って羽の裏側が黄色みが強くなるらしいね。
まったく蝶って不思議だわ。




P6230077.jpg


先日のシジミ。 バックが色違いです。(笑


2015-06-30 : オサレ? 元町 関内 MM 近辺 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

まぐろ専門店「元町まぐろ」でお持ち帰り。

JR石川町駅を降りて裏道リセンヌ小路を元町方面へ、大通りにぶち当たる前の最後の小径を右側へ。
ちょいと目立たぬ処に在る、まぐろ専門店「元町まぐろ」 三崎直送の高級メバチマグロを販売しているお店です。




店頭でサク取りしたマグロを販売しているのだけれど、イートインコーナーも在るってんでチョイと寄り道。
残念ながら店内食する時間が無くて、お持ち帰りにしてもらって帰ってきたわ。


IMG_0791.jpg

メニューは「特製まぐろ丼」 「しらすまぐろ丼」 「いくらまぐろ丼」 「全部のせまぐろ丼」 
↑は「特製まぐろ丼」850円也のお持ち帰りバージョン。

かるくタレがまぶされているバチマグロ。 バチの赤身特有のねっとりとした食感が美味しい。
タレの味も薬味と相まってサッパリとしながらマグロの味を引き立ててくれて良い感じですよ。

お持ち帰りパックのせいか、ちょっと男性には量そのものが足りないかな?
安価な脇役を配置し、インパクトをつけても良かも?なんて考えたけれど。。。品質重視直球の姿勢も大事だね。

お店は若い御夫婦?かしら感じの良いお二人で切り盛りしていた。
基本はバチマグロの店頭販売のようですが、お近くの方はランチとしてご利用もよいとおもいます。
私的には夜七時のまでの営業ままでよいから、日本酒を置いてくれたら嬉しいなぁ~

美味しいバチの赤身(ねっとり~)と日本酒。。。。。考えただけでヨダレが。。。笑
次回は店内で丼食べて、サクを買って帰ろうと思います。
(サクはチョイと見た感じではありますが。。。良い感じ。


IMG_0333.jpg

出会っても本気になって撮ろうなんて思わないカラス君なれど、いざ撮ってみると案外と難しい。
モヒカンが洒落ているぢゃないか!(笑

ところで。。。なに食べてるの?


2014-03-14 : オサレ? 元町 関内 MM 近辺 : コメント : 8 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

いその爺

Author:いその爺
横浜在住
五十路で早くも爺さんになちゃった。
“食”“写真”“郷土”が好きです。

FC2カウンター